FC2ブログ
この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
Spring comes.
2015-03-21 Sat 02:05
さわさわさわさわ

てゅけてゅけてゅけ

るるるるる


・・・ほわほわほわほわ



風が鳴り

子どもたちははしゃぎまわり

花の蕾が膨らみ始め

陽が街を照らす



春はやってきた

総てに等しくやってきた

蒼々とした空を仰ぎ

ここから一歩、踏み出す。


Spring comes.

ただそれだけ。


スポンサーサイト



別窓 | 詩、ポエム | コメント:2 | top↑
空に心溶け込んで……
2015-03-02 Mon 22:57
お空ってたくさんの色を持っているでしょう?

どうしても1つの色や似た色に染まってしまいやすいから
…あまりに柔らかに感じるの

なんて暖かいの。


抱きしめたいときにあなたはいない
心が悲しいときに人はいない
泣きたいときに芯はない

でも
朝焼けが 真っ白なお月さまが 夕焼けが
星が 大きな太陽が 闇が

いつだって側に居てくれる、そんな気がして。


空に心溶け込むくらい、
みんなの優しさも幸せも楽しい気持ちも
くるくるふわふわ抱きしめて
包み込めたらいいのに。

空に心溶け込むくらい、
クレヨンのように淡く肌の温度くらいに温かく何より自然に
my heartにぎゅっと受け止められたらいいのに。

空に心溶け込むくらい、
辛さも悲しみも心張り裂けそうな別れも
流れのままに赴くままに、
 でもまっすぐに
私が私で居られたらいいのに。


そんな気持ちをずっと持っていたいの



★ 空に心溶け込んで……の続きを読む
別窓 | 詩、ポエム | コメント:1 | top↑
ヒトツデナイヨウソ-a lot of things
2014-10-25 Sat 22:05
1度も「慣れた」わけでなく
そんな「素振り」をしてみせただけ

…朝焼けと夕焼けの綺麗さに違いがあって?
湖と池の心地良さに違いがあって?
あれとそれとこれと
あそことそことここと
…違いがあって?

心も体も頭もこれからも
全部全部全部別に考えたいの

街音全て消えた真夜中
自らが靴の音によって音を編み出す
ー月、目印にして。

ほんわかした優しい気持ち、
溢れ出してくる。
せいいっぱい抱きしめた
心の底から向き合った、つもり、でいる
ーこれは私だけ?

沢山の、沢山の想いを
まだ私はきっと知らない
街に溢れるso many thingsの音楽を
1つずつ紡いでみたい






























みなさまこんばんは。
今回の作品のモットーは、、、
ごちゃまぜ!笑
それぞれの連ごとにあらかじめテーマの言葉を決めて、そこに言葉を並べていきました笑
こういう作り方をしたのは初めてで、試作品、ですー
今度作るときにはもう少し作品の芯も決めてみようかなと思います(*^_^*)
ではでは!
別窓 | 詩、ポエム | コメント:0 | top↑
weather?feeling?
2014-10-20 Mon 15:57
乾いた雨が私の頬を伝う
空から落ちてきたけど別に何かを恵むわけじゃない

雲一つない空から光の筋が降ってくる
暖かいとか冷たいとかはちょっとわからなかった

このお空が明日まで、さえ
続くかはわからない

足元をかすめていくすきま風
こんなに暖かかったんだっけ

桜が散る頃
向日葵に種がつき始める頃
紅葉が紅くなり出す頃
椿が満開の頃

中途半端でいい
強くなくていい

そのままそのまま
ときが経つにしたがって。


綺麗か綺麗じゃないかなんて
ちっぽけな私には決められないよ

優しい気持ちも悲しい気持ちも
ずん、ずん、と感じていたいだけ

音、聴きたい
もの、見つめたい

ひたすら「気持ち」に身を浸していたい
別窓 | 詩、ポエム | コメント:2 | top↑
inside
2014-02-19 Wed 13:17
冷めた目で私を見ている、
私はだあれ

温かい目で私を見ている、
あなたはだあれ

きっと、きっと、
見えてるほどには素敵ではなくて

きっと、きっと、
見えてないほどには素敵

私の奥の奥のそのまた奥に潜む、
黒い渦はなあに

知らないふりだってできるよ
押し込むこともできるよ

『だから私は知らないの』


Yes or Noなんて
とうの昔に決まってた

知らなくても知っていても

私にはどうにもできない何かが

もう決めちゃっていたの




ただ、その『夢』を
ひと時の間見たかっただけなの



もう……何も要らないよ
私がきっと取りに行く。
別窓 | 詩、ポエム | コメント:0 | top↑
visiter~every day,first love~
2014-01-25 Sat 02:20
いつだって
聴くのに 知るのに
そして新たな自分になるのに

せいいっぱい。

なのかもしれない。




だから
「毎日」からすると
私はいつだってvisiterで
初心者なの

まるで恋が始まったみたいな
胸のドキドキを聞きながら

ちょっと知らないことに緊張する
知ってること見つけるとわくわくする、
成功すると嬉しくて
失敗するともう大洪水。

ね?なんだか好きな人に会いに行くみたいでしょう?



だからきっと、



私にとって

毎日の生活がfirst love




★ visiter~every day,first love~の続きを読む
別窓 | 詩、ポエム | コメント:0 | top↑
to...to...myself
2013-11-15 Fri 10:59
今のときを抱きしめて生きる、
それだけでもすごく大変なことだと

年を重ねるにつれて、
知りました


周りにあたたかい気持ちを伝えられてますか
日々大切に生きてますか
自分を見失っていませんか
小さな幸せに気づけてますか
小さな、小さな、小さなことに……

まだまだ、まだまだ
知らないことも
弱いところもたくさんあるから

「今」を抱きしめられるようになるには
まだまだ隔たりがあるようなのです

でも、そんなこと思うとわくわく思えるのは

きっと前より少しは前に進めているから












































おはようございます!
以前たしかどこかの記事に書いてたように、
無事壁突入です!←

せっかく今何かの機会で試練を頂いているので、
とことん向き合ってみようと思います(^^)

周りに素敵な人たちがたくさん居て、
みんないろんなこと頑張っていて、
見たり話したりしていると勉強になります。

ちょっと前までずぶずぶ闇の一歩手前に入りかけてたんですけど、
闇だと気づけてそしてこれが試練なのかぁと思ったら、
前向きに開き直れました!

もっとたくさん未知のこと起こっても
笑顔で乗り越えられるように、
今その訓練中、てとこです(^o^)
壁っぽくない壁、に笑

素敵な大人になれるように、自分に問いかける詩に、
今回作ってみました。

今抽象さん長期休暇で、たぶん「空に溶け込んで」的世界が出せるようになれるのはもう少し先、かな。もうちょっと鮮やかな色が足せてるといいんだけどなぁ。


このブログを訪問して下さる方ありがとうございます(*^^*)
結構元気が出ます。

やっぱりかなり不定期ですけど、ときどき更新していきますねー

ではでは失礼します!
別窓 | 詩、ポエム | コメント:0 | top↑
know?
2013-11-03 Sun 12:10
小さな1歩も大事で
それと同時に大きな1歩も大事で

大きな1歩も大事で
それと同時に小さな1歩も大事で


どちらかのない1歩なんて、
意味のないこと、と知っていた?

それを知らなければ

後ろを向く資格も
泣く資格もないことを

知ってた?

この自分の歩みがあるのは

どうしてなんだろうか、

知ってた?


何も知らない
もう知りたくはない、

そんな思いと


知り続けたい、
怖さに向き合ってたい


そんな思いが混在している



知ってた?


知ってる?



歩けて……いる?
別窓 | 詩、ポエム | コメント:0 | top↑
一行詩
2013-10-12 Sat 11:06
①切りきれない秘密なんて、もう

②流れた涙の手前に、あなたの

③shoutとかすれ声のどちらが

④空中にさまよう闇に手を伸ばす?

⑤ふわっと浮いた自分の中の何かに

⑥囁かれる誘惑に勝つことの難しさを

⑦dAKIshimeru

⑧小さな池から、、、取り出して

⑨轟きと幻想のイルミネーション

⑩明るさ冷たさ混ぜ混んでた、向こうで
別窓 | 詩、ポエム | コメント:0 | top↑
autumn blue
2013-09-17 Tue 19:10
夏で火照って熱くなった部屋のドアを
すっと冬からの一筆を乗せた風が入り込むとき
不思議な不安を予感させる

ただ冬に向けて
太陽が準備体操を始めただけなのに。

風が顔を出しただけなのに。

今までの部屋の熱さが冷めていくのが怖いのかしら

夕焼けにただ一つ瞬く星に
流れ星でもないけど
ちょっとすがって願いを馳せる

紅の空にシルバーが一点、輝いて
それが空の涙の気がした

空が怖くなるときは決まっているの
でもまたいつだって優しさで空はまた待っていてくれるの

何度も頼ってしまう
そして
そのたびに
自分の無限さを思い知らされる。

今度こそ。

踏み切りの音
高らかに響く足音
喧騒の、いがみあう声
電気のあふれる夜の街に
吸い込まれなかった淋しげな、
小さな叫び声たち

それらをただ抱きしめて
ひとつひとつ感じてみたいだけ

たくさん見つけたの
だから静かに見ていたいの
聴いていたいの
でもまだ見つけ足りないの、きっと。

いろんな風がやってきて
少しばかり季節を混乱させるこのときに

どうやら夏や秋でないものも入り込むみたい
それを探り当てながら
空に想い馳せてみたいの

ぐしゃぐしゃに絡み合った糸を
一つ一つほどいて
色を感じてみたいの

感じてみたのちに
もう一度糸を見たら
きっと鮮やかな色で輝いてると思うの
一本一本が。

そんなときに出会うのを楽しみにしているの

いろんなもので混乱しかかった何か、
それをほどいて素敵な型にして
キラキラ光ったリボンに出会えるように

そんなときの流れに自分を乗せてみたいの

























みなさんこんばんは(*^^*)台風が過ぎて涼しい風が吹き出しましたね。
この風が吹く頃がちょっと苦手です笑
そんなわけで、今回はそんな気持ちに向き合ってみようかなぁと(^-^)
夏にはないこのひやっとした感じがきっとまだ体的に慣れないんでしょうね。
それと大好きな青も意識してautumn blueというタイトルに(^o^)

まだまだだなぁいろんなとこ。がんばろー((φ( ̄ー ̄ )
そろそろせいいっぱい自分に向き合いたいときなのでいつも以上に。

ではでは失礼しますー!
別窓 | 詩、ポエム | コメント:0 | top↑
| 空に心溶け込んで | NEXT

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード