この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
河辺の桜
2009-04-07 Tue 00:16
20090407001648
あなたがそんな風に
河辺に向かって垂れ下がる様子は
誰かにそっと手を差し伸べている、
優しい女性のようです

風や雨があったかもしれません
寒かったり辛かったこともあったのでしょう

だけど…今こうして
あなたの笑顔を見ていると
敵であったものでさえ
愛らしい景色となるのですね

こうして優しさって
少しずつ…少しずつ…
広がっていくのかもしれませんね

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


この写真は私の家の近くで撮りました(爆)。散っていく桜の花びら、掴まえたくて思わず駆けてしまった雫なのでした。。
(個人でこの写真を保存される分には構わないですが、勝手にブログなどに載せたりはしないで下さいね)

今日本当に桜がきれいでした。いい日だったなぁ(*^o^*)
明日から学校が始まります。新しいクラスが発表されるのも明日。ドキドキです。

ではでは失礼します。
スポンサーサイト
別窓 | Flower Poems | top↑
秋桜
2008-10-19 Sun 17:25
秋桜よ 風に吹かれても
そのまま立ち続けてて…

吹かれてそののちに
真っ直ぐに戻ろうとする、その姿に
何度だって勇気づけられたんだ

なぜそんなにも素朴なのだろう
それが秋桜が素敵であるという、
一番の理由なんだけど
優しすぎて そのまますぎて
だから私自身が何かを見失ったときにも
あなたと出会うと和むんだろうな

強い風の多いこの季節に
あなたが花咲かせるのは
きっとあなたが一番輝けるからなのかな
春でなく 夏でなく

明るく、パワーの強すぎた夏のあと
太陽が少しのお休みに入る間に
地であなたが咲いて…

空もそんなあなたが好きなんだよ、きっと。
だからあなたは秋のスターだね


私もそのファンの1人ってわけだよ
これからも秋にあなたと出会うこと、
楽しみにしているからね





 
★ 秋桜の続きを読む
別窓 | Flower Poems | top↑
露草を見つめ、
2008-09-19 Fri 22:21
露草に雨が零れた
…いや、落ちたのだろう
そんなときの花の姿に、
いつになく泣きたくなるの
だって…あなたはいつか色がなくなってしまうのに
こんなに一生懸命雨の粒を支えてるんだもの

手に手を取って
みんなで持ち上げればきっといいんだよ
『行くよーそれ』ってかけ声かけて。
そんな声くらい、あるよね?
ないなら、今気づいた私が支えよう
声、出せる?

…そして。
それはきっと、人も同じだね
みんなの得意なこと、好きなことを生かした
大きな屋根を作れたら…
その中にいる小さな子どもたちも喜ぶんだろうなぁ。

もちろん、花や私たちもね。

露草に雨はこぼれ続け
少しずつ色が薄くなるのを感じたのは、
私だけなのかな…?
勘違いじゃないといいな。
あなたに、小さな傘を持ってこよう
そっとあなたの上にさして…
別窓 | Flower Poems | top↑
花びらの舞
2008-08-20 Wed 18:31
時の流れるままに
自分も流され
静かに…静かに散ってゆく

風が私の背中を押し
見上げた先には雲

ああこんな空の中で舞えるなんて
素敵だわ 今まで友人とともに花を作り上げ
少し先にひとり来たわけだけれど
優しい陽射しがいいわ

手を広げた
足も体も
そして…付いているであろう羽も

だってこんなに空気の中にいられるんだもの
羽が付いているに違いないわ

ふわりふわり

私、もうすぐ地に着くのね


嬉しいわ こんな爽やかな日に
この地に辿り着くことが出来て

たくさんの天気に出会ってきたけれど
やっぱり好きなのは晴れだったの

だって…私がいちばん見せられるときだもの



別窓 | Flower Poems | コメント:0 | top↑
草の中の
2008-08-03 Sun 22:07
手を伸ばせばそこにあると思いたくて
腰を低く落としては
左足と右手を前へ
そして右足と左手を前へと交互に

ー這いずるように見えただろうけどー

何の根拠もない、
ただ自分の中にある確信を
体という、
動かすという、
目に見える形で表しただけ

ーみんなもそう思っている面があるんじゃないか
それとも、自分だけ?ー

チクチクと草が私の体を包む
…いや、そんなんじゃない、痛い

~でも遂に見つけた~

何を?

ほら、今ならここで見えるだろう?
草の中にある、黄色い花をさ。




20080803220704





別窓 | Flower Poems | コメント:2 | top↑
紫陽花
2008-06-01 Sun 22:28
紫陽花咲き始めました
小さい子が
両手いっぱいに花を抱えているような
優しい小さな花たちです

青く紫であって
紫陽花…あなた方が咲くとそろそろ
雨とのご挨拶時かな。

雨とおんなじ色した花たちに
安堵感を覚える私でした…

太陽は時に眩しすぎるからね。
別窓 | Flower Poems | top↑
2008-04-08 Tue 17:20
花…あなたは咲き続けている
可憐に優しく

そして誰にも何も言わず散る

寂しいなんて泣き言言わず
さよならを言わず
ただ去ってゆく

なぜなの?
あなたのように美しければ
その分想ってくれる人も多く
あなたに癒される者多く…
さよならを言い交わせば
誰もが涙こぼすだろう

教えて
あなたのように謙虚に生きるには
どうすればできる?

美しい姿でなくとも
心はそうでありたいと願う私は…
少しは近づいているのだろうか?
それとも遠ざかっているのだろうか?

花…あなたを見ていると
自分がまだまだだというのがよく分かる
あなたは精いっぱい咲かせる
それは…今まで出会った人に
感謝を伝えている姿とも言える

私もそんなあなたに
1日1日近づけたら…

別窓 | Flower Poems | コメント:2 | top↑
桜の蕾
2008-03-25 Tue 23:47
咲きかけの桜の蕾は
たくさんのことを知らなくても
進んでいこうと、
新たな学校の門をくぐろうとする
子供の姿に似ていて…

後ろ向きな気持ちも潜むこの頃
この心をどうにか消そうと
だけど消せないなぁと
あきらめかけた気持ちで
ただあがいていた私は
奮い立たせられた

朝と帰り
同じ道を通っているのに
朝よりも夕方の方が
なぜか咲き誇っているように見えた

私の方が
せかせかと動くためか
時は速く感じるけれど
同じ場所から動かない蕾たちは
私よりもエネルギーを振り絞って
たくさんの時間を使って
咲かせようとしていた
大きなことを確実に
為し遂げようとしていた

だからかな、
桜が咲くと
花びらが大きく開いて笑顔に見えるの。


素敵な笑顔、ここに永遠(とわ)に
咲き誇り そして人にも教えることだろう
心からの笑顔になる術(ほうほう)を…




別窓 | Flower Poems | コメント:0 | top↑
向日葵
2008-02-07 Thu 17:36
20080207173631


向日葵 Shizuku.K

きれいに咲いたね

がんばったね

にぎやかな夏に

もっと色添える

真っすぐな茎が

あなたの素直さを物語っているよ

そのうち枯れて種を作るけれど

皆(みんな)にその大切さを伝えたがっているね

大丈夫。伝わっているよ

茎も葉っぱも

そして花も

キラキラ光っているのは

皆に素直を知ってほしいからだね

別窓 | Flower Poems | コメント:6 | top↑
花束
2008-01-06 Sun 22:15
しおれてしまった花束に

水をあげた

少し経つと花はきらきら輝いてくれた

一度枯れたと思ったけれど

また咲いてくれたんだ

そんな花束でも

いつかは枯れてしまうけど

それにしてもやっぱり可愛いんだ

ふと疑問に思う

暑さや寒さを

根っこたちと乗り越えていくのと

ちょうどいい温度だけど

花と茎だけでせいいっぱい

生きなきゃいけないのは

どちらが大変なんだろう?











にほんブログ村 ポエムブログへ





別窓 | Flower Poems | コメント:2 | top↑
| 空に心溶け込んで | NEXT

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。