この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゆき
2014-05-07 Wed 16:34
真っ白な 真っ白な雪の大地に
一歩一歩 足跡をつけたくて


いいのいいの


雪が降ったら
誰かが来たら
あったかくなったら

なくなってしまう、くらいのちっぽけなもので。


大きなものなんて
目立つものなんて
抱えきれないくらいのものなんていらない


ただただ
自身がかみしめていたい気持ちを
ひしひしと雪に伝えているだけ


この今、だけ雪が持っていてくれれば
それだけでいいの


スポンサーサイト
別窓 | *Short Message* | コメント:1 | top↑
Listen.
2013-07-17 Wed 17:00
こんなとき、は



そんなとき、は



答えは分かってるんだもの
誰でもなくて
自分が決めたんじゃない



だからこそ



せいいっぱい抱きしめていたい





じぶんのおくにある、
たましいの声を














★ Listen.の続きを読む
別窓 | *Short Message* | コメント:1 | top↑
yu yu yu
2013-01-20 Sun 17:13
ru ru ru 心の声を聴いてみよう

ru ru ru あなたの声を聞きたくて

fu fu fu 息を切らせても大事なもの、おいかけたい




yu yu yu ささやかないやしを、あなたへ
別窓 | *Short Message* | コメント:0 | top↑
believe you
2012-12-16 Sun 01:23
「あなたを信じるよ」

その言葉を言うのに

どれだけの強さや想いを必要とするだろうか



信じないほうが簡単で
ときにあなたは不安げで
よたよたして
ふらふらして

それを見ていても信じようとするのが大変かもしれない


でも私は
あなたの力を信じるよ

あなたのまっすぐな瞳、大好きだよ


★ believe youの続きを読む
別窓 | *Short Message* | コメント:0 | top↑
just feeling
2012-12-08 Sat 12:04
息を吸い込んで……止める


どんな香りを感じただろう

ただそれらをかみしめていたい


自らの遠くの感覚を取り戻すように
別窓 | *Short Message* | コメント:1 | top↑
always
2012-11-21 Wed 01:17
いつだって、求めてた
いつだって、知りたかった

壁が教えてくれていた

そう、あなたが…





今はただ静かに見つめるのみ。
心に書き留める、のみ。
別窓 | *Short Message* | コメント:0 | top↑
special people
2012-09-06 Thu 21:12
たくさんの人の、
純粋な目を見て気づく

言葉が通じなくても
ジェスチャーが通じなくても
何も一緒に行動しなくても
できないことが多くても
気持ちを表現できなくても



目を見て笑顔でギュッと手をつないだら



他の何にも代えられない一番やさしいときを感じることができる




そんなひだまりを

教えてくれた





すてきな人たちの、集まり。






言葉、という手段を使うほうが

かえって世界を難しくさせる

★ special peopleの続きを読む
別窓 | *Short Message* | コメント:6 | top↑
そろそろ。そろそろ。
2012-01-25 Wed 19:20
答えを出さないことが
いいんだと思ってた
でも、
ちょっと違うみたいね

そろそろ出番、近づいてる
さ、出発しましょうか

立ち止まりすぎないように。
立ち止まりすぎないように…ね。


















こんばんは。
ちょっと慣れない。。
誤字があったらすみません(>_<)
ではでは失礼します!!
別窓 | *Short Message* | コメント:0 | top↑
now
2011-10-14 Fri 14:45
ふわり…ふわり
宙で一瞬絵になる花の舞

あなたの優しさと繊細さで
どうぞ花が最後まで輝けますように

つながり…安らぎ…ときたま自分
そこまで想えるようになったのは
やっぱり時間のおかげなんだね

当たり前がちょこっと変わる、
そんなとき。

出会えたことが嬉しくて。
どことなく懐かしくて。

過去と新しさが安らかに混ざり合う
別窓 | *Short Message* | コメント:0 | top↑
きんもくせいの、
2011-10-03 Mon 20:58
きんもくせいの香り…
心に響くと同時に

いつも

ガラスのかけらが小さく煌めくのを感じる

大丈夫よ、きっと。

なんて、思いながら今宵も樹とすれ違う
別窓 | *Short Message* | コメント:0 | top↑
| 空に心溶け込んで | NEXT

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。