この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
angel(from children)
2011-03-18 Fri 12:13
天使にずっとあこがれていたの

かわいくって、
優しくて、
いつも笑顔いっぱいで、
お話聞いてくれて、
わたしが辛い気持ちのとき体をぎゅっとしてくれて、
そんなことが全部できるんだもん、天使みんな。

あるときにね…
おもったの

白い羽のangelはもちろんきれいだけれど
うすピンクの羽のangelとか
うすむらさきの羽のangelとか
黄色の、赤の、青の…

カラフルだったらきっと
すてきな空間が広がっているかな

キラキラ光るお星さまと
優しく地球を見つめるお月さまの間を
angelが笑顔で通って自由に飛んでいるの…

それはきっと光あふれる空間なんだろうな
優しさとかしあわせでふわふわとした空間なんだろうな

そんな空間はきっと
いちばん平和な空間なんだろうな

























たまに…天使の詩を書きたくなります(爆)
一週間くらい前に携帯に置いておいた詩をちょこっと編集してアップしましたー(*^o^*)

ではでは失礼します!
スポンサーサイト
別窓 | こどものことば | コメント:0 | top↑
お姉さん
2010-04-11 Sun 10:24
しらない町 しらない公園
しらない道 しらない人
そんな景色をパパの運転する車から見ている私
パパとママはずっと前でお話ししてる
私は後ろでぽつん
あーあ…

私はまいって言うの
お引っ越ししてきたんだ
幼稚園を卒業して
みんなにバイバイって言ってきたの
私毎日たくさん泣いちゃったから、ママに
『泣くの止めてごらん
新しいおうち、
新しいお友だち、
新しい公園があるのよ
ほら、まいちゃん
楽しみがいっぱいよ』
って言われたの
『新しい』なんて
いらないいらない
みんな…いないんだもん

今日はかわいい服着てて、
お昼ご飯のあと、
私の大好きなアイスクリームも食べたけど、
まだちょっぴり悲しいままなの…

あの公園にいたねこのみーちゃん、どうしてるかなぁ
かぜひいてないかなぁ
ご飯食べてるかなぁ

土手にこっそり植えた、
いつかのきゅうしょくのくだものの柿、
芽、出したかなぁ
ふまれてないかなぁ

幼稚園のお庭にあったつくしは
まだちょっと早いかな
シロツメクサはもうきっと咲いてるね
きっとみんなかんむり作って
お姫さまごっこしてるね

でもね、着いて楽しみなこと、一つあるの
ランドセルをね、箱から出せるの
今は私の横にちょこんと置いてある
開けたいなぁ…
ママが『お引っ越しして着いてから開けましょうね』
って言ってたから
まだ開けないの
まっかっかのランドセル、
しょって学校に行くんだ

まだ着かないのかなぁ

『近くまで来たのよ』ってさっきママが言ってたけど…
今度のお家どこかなぁ…

あ、いつのまに?
すごい、外は一面の桜
わー今日来て良かった、すごい満開なの

「ママ、パパ、外見て」

『あら、本当にすてきね。』
ママがそう言ったの
パパもにっこり笑顔になってる
そしたらママが言ったの
『パパ、ちょっと車止めて
まい、降りる準備してね』
「はーい」
って、私とパパ一緒のお返事。
わー外に出て桜を見るのね

そしてパパは車を止めてくれた
私が降りようとするとママが
『まい、忘れものしてるよ』
って言うの
何も持ってるものなんて無いのになぁ…
ママは車を少しゴソゴソして…
あ、箱を開けてる!

『はい、どうぞ』

わーほんとにきれいなランドセル、
赤くてピカピカしてる
ちょっと手に重いけど、
これがお姉さんになったって感じがする

「ママ、ありがとう
ランドセルすっごいきれい」
『それをしょってごらん』
「うん!」

『まい、大きくなったのね。急にお姉さんになったみたいよ』
「ううん、お姉さんになったもん!」

それで、大きな桜の下で
ランドセルしょって写真撮ったの

なんだかわくわくしてきたの、
ランドセルしょって学校に行くのが。

私もうお姉さんだもん、
新しい学校で楽しいこと、いっぱいやるんだー!
今度ここの桜にほうこくに来るよ
その頃には私もっともっとお姉さんになってるね

パパにもママにも内緒で
桜にお約束、したの

 
 
 
 
 
 
 

皆さんおはようございます。
最近詩が書けなくて、ブログの詩をお休みしてましたが…
久しぶりに子どもの詩を書いてみました。
この詩の新しい所は、
「ママ」「パパ」って呼んでるところですかね。
私は呼ばないので(爆)

そういえば私自身も小学校に入るときに引っ越ししました。
こんなストーリーは残念ながら無いですが(泣)。

ランドセルは今どんな色もありますよね。
この詩では赤にさせて頂きましたけど。。
でも、私のランドセルも実は赤ではありませんでした(笑)
当時はあまりそういう人は居ませんでしたが。

そういえば話が変わりますが…
昨日、外(屋外)でお弁当を食べてたときのことです。
ちょっと広場みたいになってるところなので、
いろんな人がお昼ご飯食べたりお話したりしてました。
そこへ、2才くらいの女の子がお母さんに手を引かれ、私の前を通ったんですけど…
私の顔じーっと見てるんです。
お腹空いてたのか、単に私の顔に何となく興味を持ったのか分からないんですけど(笑)、
にっこりして返事(?)しました。
すごい可愛かったです。

ではでは失礼します('-^*)/
別窓 | こどものことば | top↑
someday...
2010-03-09 Tue 02:12
ねぇ 心ってなぁに?
優しさってなぁに?
恋ってなぁに?
大切なものってなぁに?
夢ってなぁに?

ねぇ それっておもしろい?
たのしい? うれしい?
きれい? すてき?
だいすき? きもちいい?

子どもの視点で尋ねてみたい
もしかしたら…私が昔聞きたかったのかもしれない
逆に…小さな子に尋ねられた私はどう答えるんだろう

きっと…
「うん、とってもすてきよ
今は分からないかもしれないけれど
いつかこの先、
あなたが素敵な人になったとき
近くの誰か、
もしくはあなたから遠くにいる誰かが
そっと囁くように教えてくれる日が来るよ
どんどん大きくなって
見つけていこうね」
その子の真っ直ぐな視線を笑顔で見つめながら
そう答えたいな。

そのキラキラした目…
きっときっとそのままで居てね
その心、大切にしていてね
そして未来でいつか、
「すてき」なことに出会えますように…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


こんばんは。最近ちょっぴり忙しくてパソコンに触れられていないですが…コメントは見させて頂いてますm(_ _)mそして後日返信させていただきますね、すみません。。

ではでは失礼します。
別窓 | こどものことば | コメント:6 | top↑
やっとね、(spring rain)
2009-03-28 Sat 00:01
冬の間ずうっとさむくて
少し前にやっとね、
お日さまが黄色く
あたたかく感じるようになって

それで…梅の小さな花びらが散ったあとに
やっとね、桜の枝に花がつきはじめたの

だけど今日は急にさむさが戻ってきて
しとしとつめたい雨もふってきたの

あーあ…せっかくお花が出てきそうだったのに
私はかさをさせるのに
木ってそれもできないんだなぁ…って。
桜の木の下を通ってそう思ったの

だからうすぐらい空に
せいいっぱいせのびして
あまり強く降らせないでね
1年に1時期だけの
桜の花が出て来られるとき
だから…寒さや風に慣れていないの
叩きつけてしまったら
花たちが…

その先は言えなくなっちゃった、
かなしくてかなしくて。
でもね、そのとき
まだまわりはくらいんだけど
少しだけお日さまがね、
ひょこって出てきたんだよ

私のお願い、聞いてくれたみたい
うれしくてとびはねたかったけれど
ふふって笑って
やっとね、ってちょっと大人っぽく言ってみたの

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


昔…こんな時代があった気もします(爆)小さい頃から花が大好きだったんですけど。。
ずっと大人っぽいのに憧れてました。(今も一緒かも(*^o^*))
今日は埼玉で少し雨が降りました。最近にしては寒かったんですよね。
ようやく桜がほころび始めたのに…そんなことを思いながら桜の木の下を通ったときに生まれた情景と、この女の子です。(実はこの女の子が思っていることの内容は今私が思っていることだったり(笑))

ではでは失礼します('-^*)/
別窓 | こどものことば | top↑
抱っこ
2009-03-23 Mon 19:10
『…ねぇ どうして今こんな風にあったかいの?』

「それはね 今2人でギュッとできるほど近くにいるからだよ、きっと」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


いつか、小さい子をだっこしたときに言ってあげたい言葉です(笑)「温かいねー」みたいな会話。ちょっとした憧れ(爆)憧れって言うと何だか変な気もしますが…。
私、けっこう子供が好きなんですよね。。小さい頃から周りに小さい子が多かったから、というのもきっと一因です(笑)
別窓 | こどものことば | コメント:2 | top↑
おにさん
2009-02-05 Thu 23:38

おにさん おにさん こちらへおいで
悪いことしないって約束してくれるなら
どうぞこちらへ来てください

おにさん おにさん ちからもち
僕がもてない重い野菜の一束を
がばっと一気に持ち上げた

おにさん おにさん 呼ばれてる
あの子のお家へ出張です
家の中のおじゃまたち 外にはきだして下さいと

おにさん おにさん 遊んでよ
小さな子たち駆け寄って
こまにかけっこ おおなわも

おにさん おにさん 質問です
この魚はどうやって食べるのですか
お母さんの間で引っ張りだこ


なんでも知ってて優しくて
最初は顔が怖いなんて思ったけれど
近づいてみたらなんてことはなかったの



おにさん おにさん お疲れね
さぁさぁ私のあたたかいお布団を
今日はずっと貸してあげる






宜しければクリックお願いします。。
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

 

★ おにさんの続きを読む
別窓 | こどものことば | コメント:4 | top↑
天気
2008-09-04 Thu 00:14
今日は暑かったの
地面に座ってもどこに座っても

昨日はとっても冷たかったのにね
どこを触ってもまるで氷

この前はものすごく荒れたの
雨 風 そして黒さ
すっごく迫力まんてん

だからただ思ったの
暑いな とか
冷たいなって

別窓 | こどものことば | コメント:0 | top↑
ひとり
2008-06-22 Sun 22:41
わたしはひとりでいることが多いんだけれど
でも何も怖くないんだ
たくさんのものに囲まれているから

草の中にはたくさんの虫
水の中にはたくさんの魚
空気の中にはたくさんのゆめ

景色を見て大きくなってきたけれど
でもやっぱりどこか悲しくて
答えはわざと探さずに
心の奥底のそのまたおくにしまっておいた

そしてひとりの男の子がやってきたの

どろ遊びしたり
すべり台をすべったり
かけっこして競争したり

なんだか…楽しくて
気づくと毎日話していたけれど

あるとき男の子は泣き出した
なんだか寂しいようっていうんだ
私は男の子の前で
じぃっと男の子の目を見てた


…分かるよその気持ち
わたしも幾度も泣いたもの

でもねここの草たちや 空がね
じっとわたしを見てくれていたの

あなたは知っているのかな?
まだ分からないけれど


だから今度はこの子のこと、
わたしが見とかなきゃ




少し経ったら
男の子、泣きやんだ


でね、飛びっきりの笑顔で笑ってくれたの


この笑顔に
こんな笑顔に

たくさんたくさんみたいって思った




★ ひとりの続きを読む
別窓 | こどものことば | コメント:0 | top↑
あめの日
2008-05-15 Thu 00:30
あめの日にね
ぽとんぽとんって
やねからあめが落ちる音すきなんだ

ながぐつで
ばっしゃーんってはねる音もすき

あとはね
はっぱからはっぱに流れていく
雨玉を見てるのもすき


でねでね

あめの日だけきこえるんだよ
かたつむりがあるく音

ちゃいろの土にね
あめがしみこむ音



あめの日も、だいすきなの。




今日はそんな、あめの日。

赤の水玉のかさ持って
ぼうしがついてるかっぱきて
くつももちろん赤のながくつ。


こうえんに行ってみよっと。



別窓 | こどものことば | コメント:0 | top↑
| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。