FC2ブログ
この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
for someone
2007-12-28 Fri 23:50
何にもない空き地にさえ
何かできることはあった
そこで空を眺めることができた
寝そべることができた
座って泣くこともできた
だから
手足があり
理性があり
また感情を持っている人間(ひと)は
もっともっとできることは多いだろう
どんな風に使っていくかは
誰もが違うけれど
きっと人のために使おうと
行動したとき
どんな風でも相手を温かくするんだ
そばにいることも
話を聞くのも
遠くで見ているのも…。
スポンサーサイト



別窓 | 詩・ポエム(編集済) | コメント:0 | top↑
Past and now
2007-12-22 Sat 21:06
夢にまで見ていた
自分が強くなる、ということを。
未だに何も変わっていないんだなと思うとき
悲しくなって…
そうして
さまざまに思いを浮かべて
少しだけ過去を見てみると
その過去と今との間で経験した沢山のことが
きっと今の自身の一部を作っていた
あのとき楽しかったからこそ
今ここにこんな自分がいて
また別のときに辛かったからこそ
誰かが傷ついているのを見たときに
涙をこぼすことを知った
今『ひとつ』知ったけれど
自分に欠かせない
大切な
『ひとつ』だった
別窓 | 詩・ポエム(編集済) | コメント:0 | top↑
Message and thinking
2007-12-11 Tue 13:42
怒りは悲しみに変わり
悲しみはやがて幸せに
辛さは勇気に
だけどやっぱりそうして変わって
いくのには
ときが経つのを待たなくてはならない
ときがある
何かを
抑えないといけないときがある
だから強く思う
自分が幸せだと思える時
そして笑顔でいるとき
そのときの幸せを
今の幸せを
その微笑みを思いっきり出してほしいと。
別窓 | 詩・ポエム(編集済) | コメント:0 | top↑
街の一欠片で
2007-12-08 Sat 23:32
人が温かさを忘れたのかなぁと思っていた
自分だけが変わらないんだと思っていた
…でも実は
自分がいちばん忘れていたのかもしれない

そのことに気付けて良かった
今少し
知ることができたのかな

熱い陽射し
肌を刺す凍えてしまう風
少しやわらぐところへ逃げて
辺りを見回してみた

街に転がった空き缶
草むらに雑草が伸びたい放題
昔は誰かの家だったであろう、木の家

たくさんとの出逢いは
人との出逢いだけではないんだね

哀しみの先に光があるということを
少し知ることができた一瞬だったかも
しれなかった
別窓 | 詩・ポエム(編集済) | コメント:0 | top↑
2007-12-07 Fri 19:12
時がみんなに優しかったとき
人々は始めは優しさを真っ直ぐ受け取ったけど
そのうちその動作に人々は
疑問を持つようになった
時が優しくしてくれてるなんて気づかなかった
だからそのうちに
人々は勝手なことをし始めた
それを見た「時」は
悲しみに包まれた

あなたたちに幸せを知ってほしくてやったことが
そうではなかったんだね
そうだろう?
なら自分が残酷な存在になってしまえばいい
そうしたらあなたたちは
幸せを手にすること、
できるだろう?

あれから「時」は変わったらしい
でもやっぱり「時」は優しいから
時々人の背中をそっと
包むんだ
別窓 | 詩・ポエム(編集済) | コメント:0 | top↑
見上げた空に
2007-12-06 Thu 17:17
水色から
深い藍色へ変わっていく空に
一握りの願いをのせる
自分の中に溜まった
もどかしさに溢れる想いを出して。
イヤホンで聞くメロディが
流れを助けてくれた
想いなんて届かない可能性の方が
ずっとずうっと高くて
人は苦しい想いに閉じ込められ…
でも
想いは流れ続けていく
残酷でありながら
美しくありながら…
何か足下で音がして
ふと見ると
そこには丸い石ころが
夜の間に空から吸い取ったような色と
土のような手触りと。
手の中でくるくる回す
両手の温度が石ころにうつって
ほんの少し温かさを持った
その小さな石ころが
優しさを教えてくれた
私にも小さな温かさを持っていることも教えてくれた

別窓 | 詩・ポエム(編集済) | コメント:0 | top↑
永遠に
2007-12-05 Wed 00:02
暑いところと寒いところ
どちらへ行けば道に出られるのですか
上と下
どちらへ行けばかなしみにあわずにすみますか
東と西へ
どちらに行けばお星さまに会えるのですか
春と冬
どちらに行けば優しさと出会えるのですか
闇と光
本当に大切にできるのはどちらですか
真(まこと)と偽(にせ)の
どちらを信用して良いのですか
愛と哀
どちらが残酷なのですか
今と永遠
どちらを信じたらまっすぐにいけますか
右へ
左へ
時にはさまよい
時には疲れた体から意識が飛んで…
命を賭けた必死の闘い
未だ続いてる
そんな闘いの最中に見た
自然の碧さに
自分も溶け込みたくなるんだ
柔らかい光とともに…
別窓 | 詩・ポエム(編集済) | コメント:0 | top↑
天秤
2007-12-02 Sun 21:44
天秤のおもりが
左右で重さが違うみたい
片方へてんびんが
傾きだした
でもまだまだ重さは変わってゆく…
そしていつの間にか
くるりと回っていて
元に戻った
別窓 | 詩・ポエム(編集済) | コメント:0 | top↑
呟き
2007-12-02 Sun 02:10
温かい少しの会話と
心からの笑顔に出会えるって
一番幸せなんじゃないかなぁ?
苦しかったり
大切な人に裏切られたり
あるけれど
心がホッと温かくなる瞬間があるって
素敵なんじゃないかなぁ?
別窓 | 詩・ポエム(編集済) | コメント:0 | top↑
Time
2007-11-29 Thu 07:58
目的だけを果たすだけには
あまりにも虚しくて
全てを怠けて過ごすには
長すぎて
どれも半端にやってしまう…
それがある意味で
lifeなのかもしれない…
別窓 | 詩・ポエム(編集済) | コメント:0 | top↑
| 空に心溶け込んで | NEXT

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード