FC2ブログ
この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
ミット
2008-05-05 Mon 12:08
キャッチボールをしようと
手にミットをはめた
かたかったけれど
それはまだ緊張したような感じだった

いつか、緊張から解き放たれるだろう
私の手がミットに馴染んだ頃に。

相手からボールが来るまでの間
雲が少しある空を見ていた
今日の太陽は白いから
まだ1度も使ったことのないボールに見えた

バシッ
ボールが飛んできた
手のひらに…いや、かたいミットの中に
すっぽりとおさまった

そして…

空のボールに向かって
ミットを胸の前に構えた

ナイスキャッチ!

どこからかそんな声がした気がした
だけど遠くにあるそのボールは、
大きなボールは
すぐに転がった…

そのときふと思った

あのお空のあたたかいボール
大きなボール
誰が受けとめてくれるの?

月の小さなボールは
誰が大きさを知っているの?

私も受けとめたい
やってみたい
できるかな?そんなこと。

よし、投げておいで。

スポンサーサイト



別窓 | 詩、ポエム | コメント:2 | top↑
| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード