この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
an apple
2010-04-30 Fri 00:58
暗闇に閉じこもっていれば
何も傷付くことはないと悟った頃、
そうか、あのときはあきらめが生じていたのか
…と気付いたのは何年後であったか。

何度も何度も遠回りして
何度も何度も消えたくなって
かぶさる不安にただただ押しつぶされていた

這い上がる元気は…なかったんじゃない
捨てようとしていた
暗闇(ここ)にいれば別に怖くないんだもの

そうなると光が恐怖の対象物となる
暗闇を壊す唯一の存在であるから

光に照らされることから逃げるために
ありとあらゆる手段を用いた
光を失わせたはずのこの眼でさえ、
酷いことが見えてしまうことまでも

…そこまでしても、
パトカーのヘッドライトのような光に照らされるのを嫌がった

そうしたいと願ったんじゃない
でも、でもこうするしかない
自分をそうやって何度も説き伏せる

沸き上がる想いは
そんなんじゃ全く足りなくて
耐えられなくなった私は
結局暗闇で抱きしめる
…何の癒やしにもならないことにすぐ気がついた

…もう目が光を忘れてしまった頃、
手と体でしか“もの”を感じなくなっていた

長年待ち望んでいた世界
これで暗闇を邪魔する者はいない

聞こえてくるのは悲しいしらべ
感じるのは色のないりんご

…りんご?

『このりんごは暗闇(ここ)への侵入者だ
今すぐ排除せよ』
私の頭は他人事、私の体さえも支配している
かじってみよう、そしたら捨てますから

シャリ。

甘さと共に光が放たれ、
私は一瞬記憶が飛んだような感じがした

恐怖の絶頂だ
全て壊される…

…ここは?
地面の感触は先ほどと変わらない
…同じ場所か。

隣に転がっているものを見た、
透明なガラスのようなりんごの表面、
中では光が煌々と在る
私が食べた所からとめどなく光が溢れ
辺りに満ちたらしく
キラキラ輝いていた

きれいだ、
花や草や虫、
水、木、人 そして…光。

そこから久しぶりに見る世界に
立ち尽くす
“光のある世界も、きっと悪くないはずだ”

今でもりんごを見ると思い出す
最初で最後の、
輝きを放ち、
赤くなかったあのりんごを。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


こんばんは。実話…じゃないですよ(笑)空想を爆発させたような詩です(爆)

宇多田ヒカルの「COLORS」、「光」、
Utadaの「You Make Me Want To Be A Man」の雰囲気を合わせるとこんな感じになりそうな気がします。
って…分かりにくいですね(泣)
最近の詩、宇多田ヒカルの歌から詩を作ったりすることが多い気がしますね。
逆もあるんですよ、詩を作ってから「あ、この詩にはこの歌が合いそう」って。
今回はそのパターンで思いついた歌を紹介させて頂きました。。

ちょっと夜遅いので、この辺で失礼します('-^*)/
スポンサーサイト
別窓 | 悲しみの詩… | top↑
Someone wants to cry now-I can't do anything for you-
2010-04-25 Sun 23:26
(誰かが今泣こうとしている
私は…何もできない)

なぜ泣いているの?
小さな子供のように…
(たとえ横にいても私の声は届かない)

街角の隅に逃げ込んでは
少し涙を落とし、
大きな道に戻っては
もう一度笑おうとする
(あなたが苦しそうに見えるのは私だけ?)

うまくいかないかどうかは実は関係なくて
自分はどうしたいかってことみたい
(私も長い間同じ所で彷徨っていたわ)

あなたのその小さな手のひらに
どれだけのものを詰めてきたんだろう
ちょっと容量オーバーよ、
きっと涙がそう言ってる
(ねぇ、聞いてみましょうよ)

涙は手紙なんて書けないの
“つらい”って言葉さえも流そうとするのよ
(時に留めておきましょう)

涙流しているとき、何を想う?
きっと…涙を思うのと同時に自分を思えばいいのよ
私の涙も書いて教えてくれた訳じゃないの
ただ…そう思ったときに頷く感じがしたの
それを私は今信じてるだけ。
(あなたはまた別かもしれない)

泣くのも笑うのも悪いことじゃない
両方あなたにとっての真実よ
その真実と向かい合っていたい時間が
涙の時間なの

Thanks to kindness of heart,tears and words,
you may feel like crying

-心と涙が溢れかえるから
あなたは今泣きたいのよ、きっと-

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


こんばんは。この詩はUtadaのThis One(Crying Like A Child)を聞きながら作りました。
ちょっと抽象度が高めかな、と思います。
あ、最初の方の二行がもろに影響受けてます(爆)

誰かが泣きたいとき、また別の所で泣きたいと思ってる人が居るんだろうなぁと思いながら作りました。
英語の構文間違いがないといいなぁ…
英語は日本語と違ってサラっと読めるので、時々無性に使いたくなります(爆)。

最近更新が少なくてすみません。結構忙しい生活を送っています!

訪問者履歴とか時々覗くと来て下さってる人が居るんだなぁって思います。嬉しいですね、ほんと。

今日は暖かかったですね、散歩してきたらとっても気持ち良かったです。こんな日が続くといいなぁ。

では失礼します('-^*)/
別窓 | 悲しみの詩… | top↑
霞みゆく…
2010-04-16 Fri 22:24
霞みゆく景色のその向こう、
いったい何が眠ってるの?
少しだけ…
見たい 知りたい 感じていたい

ああそうか、今から探しに行くよ

綺麗なものに出逢えること、
心深くで信じてるから

大丈夫、きっと待ってる。
別窓 | *Short Message* | top↑
はくりゅう-数々の想い-
2010-04-12 Mon 22:09
白い龍が暴れ出す
“僕は本当は白で居たくないんだ
なぜ僕は…”
いつもはおとなしい龍だった
激しい感情を普段出す龍じゃない

半分正しい半分間違い

どちらも正しいだけじゃない
間違いが溢れかえってる
…だが正しいも含まれている

だから…どちらを行こうと間違えている?
一部だけ正しい?
片方を選択する者には苦しいお話だ
悪魔は楽な方へ誘おう(いざなおう)とする
真実よ、隠れすぎだ
なんて残酷なのだ、この世界は

白い龍は暴れ続ける
“誰かこの体から出してくれ”
『誰も助けになんか来ないね、
気づかないふりなんかしなくたって
お前は分かってるだろ?』
…悪魔だ。
僕の頭の中に居るやつだ。
お前は暴れるんじゃない
この体だけで十分だ

Nobody knows his thought
Others find his dancing only...
If someone know true thought of him,
Will they leave him?

-誰も知らない、彼の想いを
ただ、他の人が分かるのは
彼が踊っているということだけ
(踊ってるんじゃない、こんなにも苦しい思いが
彼を襲っていく…)
もし誰かが彼の本当の想いを知ってしまったら
みんな彼のところから去ってしまうの?ー

白い龍は言葉を使えない
ただもがき続けて
悲しそうに一粒の涙を零すのみ
もちろん誰も気づきやしない
あまりにも体を振りすぎる
表情が全く分からない
その涙もすぐに蒸発して消えた
もはや白い龍の想いは見えない

黒い龍が前を横切っていき、白い龍は考える
“僕は黒かったらこんなに苦しむことはなかったのだろうか”

…いや、黒だから何もないということはないらしい
…今通った黒い龍は
目を真っ赤にして、
怒りをむきだしにして獲物を捕まえに行った
僕にはあのお務めは不可能だ

『お前の声なんかどうせ誰にも届かない』
頭の中で再び叫ぶ悪魔
うるさいよ、知ってるんだそんなことくらい
僕はちっぽけな小さな白龍だ
何か言う権利すらこの手にはない
分かって…いるんだ

ただ…悲しいんだよ

獲物を捕る者と捕らわれる者が存在すること
同じ種で君臨する者とされる者が存在すること
それによって苦しむ者が居ること
それらを何も知らず嘲笑うだけの者
…何も出来ずに暴れるだけの僕

ただただそれを思って辛くなるだけなんだ、
知ってる、悪魔(お前)なんかに言われなくても

頭の中にまで悪魔よ、出ないでおくれ
せめてこの中だけは自分のものだ
ただ僕はこのさだめを生きる

そう決めているのだから…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


こんばんは。
一つ前の詩とは雰囲気が大違いですね(笑)
Utadaのアルバム『エキソドス』を借りてきまして…
ちょっと昔のアルバムなんですけど。
その中の『Devil Inside』という曲から
イメージを膨らまして作ってみました。
結構そのままになってしまったかもしれないので、
若干不安です(汗)
ちなみに…「龍」と「竜」だと
漢字としては「龍」の方が好きなので、
こちらを使いましたー!
あとこの龍、モデルがいます。
「千と千尋の神隠し」の龍、ハクです。
あんなお兄ちゃんが近くに居たらきっと心強いですよね(笑)

話は変わるんですが…
今日は疲れていたらしく、
塾からの帰りの電車では宇多田ヒカルの曲ばっかり聞いてました(爆)
声が落ち着いてて、こういう時は無性に聞きたくなります。
曲が早すぎず静か過ぎず…何ともいい感じなんですよー。
でも、家の前まで帰ってきて、
「もしかして、GReeeeNの曲の方がパワフルで良かったかも…」と気づきました。
気づくのはいいですが、
タイミング的に遅いぞ、自分。と突っ込んだ雫でした(笑

今日は寒かったです。
昨日と気候が全然違ってました。(だから余計に疲れてたんですよね、たぶん)皆さんも体気をつけて下さいね。

長くなっちゃいましたね(泣)ここまでお付き合い頂き、ありがとうございます(*^o^*)
ではでは失礼します☆彡
別窓 | 小さな物語 | top↑
お姉さん
2010-04-11 Sun 10:24
しらない町 しらない公園
しらない道 しらない人
そんな景色をパパの運転する車から見ている私
パパとママはずっと前でお話ししてる
私は後ろでぽつん
あーあ…

私はまいって言うの
お引っ越ししてきたんだ
幼稚園を卒業して
みんなにバイバイって言ってきたの
私毎日たくさん泣いちゃったから、ママに
『泣くの止めてごらん
新しいおうち、
新しいお友だち、
新しい公園があるのよ
ほら、まいちゃん
楽しみがいっぱいよ』
って言われたの
『新しい』なんて
いらないいらない
みんな…いないんだもん

今日はかわいい服着てて、
お昼ご飯のあと、
私の大好きなアイスクリームも食べたけど、
まだちょっぴり悲しいままなの…

あの公園にいたねこのみーちゃん、どうしてるかなぁ
かぜひいてないかなぁ
ご飯食べてるかなぁ

土手にこっそり植えた、
いつかのきゅうしょくのくだものの柿、
芽、出したかなぁ
ふまれてないかなぁ

幼稚園のお庭にあったつくしは
まだちょっと早いかな
シロツメクサはもうきっと咲いてるね
きっとみんなかんむり作って
お姫さまごっこしてるね

でもね、着いて楽しみなこと、一つあるの
ランドセルをね、箱から出せるの
今は私の横にちょこんと置いてある
開けたいなぁ…
ママが『お引っ越しして着いてから開けましょうね』
って言ってたから
まだ開けないの
まっかっかのランドセル、
しょって学校に行くんだ

まだ着かないのかなぁ

『近くまで来たのよ』ってさっきママが言ってたけど…
今度のお家どこかなぁ…

あ、いつのまに?
すごい、外は一面の桜
わー今日来て良かった、すごい満開なの

「ママ、パパ、外見て」

『あら、本当にすてきね。』
ママがそう言ったの
パパもにっこり笑顔になってる
そしたらママが言ったの
『パパ、ちょっと車止めて
まい、降りる準備してね』
「はーい」
って、私とパパ一緒のお返事。
わー外に出て桜を見るのね

そしてパパは車を止めてくれた
私が降りようとするとママが
『まい、忘れものしてるよ』
って言うの
何も持ってるものなんて無いのになぁ…
ママは車を少しゴソゴソして…
あ、箱を開けてる!

『はい、どうぞ』

わーほんとにきれいなランドセル、
赤くてピカピカしてる
ちょっと手に重いけど、
これがお姉さんになったって感じがする

「ママ、ありがとう
ランドセルすっごいきれい」
『それをしょってごらん』
「うん!」

『まい、大きくなったのね。急にお姉さんになったみたいよ』
「ううん、お姉さんになったもん!」

それで、大きな桜の下で
ランドセルしょって写真撮ったの

なんだかわくわくしてきたの、
ランドセルしょって学校に行くのが。

私もうお姉さんだもん、
新しい学校で楽しいこと、いっぱいやるんだー!
今度ここの桜にほうこくに来るよ
その頃には私もっともっとお姉さんになってるね

パパにもママにも内緒で
桜にお約束、したの

 
 
 
 
 
 
 

皆さんおはようございます。
最近詩が書けなくて、ブログの詩をお休みしてましたが…
久しぶりに子どもの詩を書いてみました。
この詩の新しい所は、
「ママ」「パパ」って呼んでるところですかね。
私は呼ばないので(爆)

そういえば私自身も小学校に入るときに引っ越ししました。
こんなストーリーは残念ながら無いですが(泣)。

ランドセルは今どんな色もありますよね。
この詩では赤にさせて頂きましたけど。。
でも、私のランドセルも実は赤ではありませんでした(笑)
当時はあまりそういう人は居ませんでしたが。

そういえば話が変わりますが…
昨日、外(屋外)でお弁当を食べてたときのことです。
ちょっと広場みたいになってるところなので、
いろんな人がお昼ご飯食べたりお話したりしてました。
そこへ、2才くらいの女の子がお母さんに手を引かれ、私の前を通ったんですけど…
私の顔じーっと見てるんです。
お腹空いてたのか、単に私の顔に何となく興味を持ったのか分からないんですけど(笑)、
にっこりして返事(?)しました。
すごい可愛かったです。

ではでは失礼します('-^*)/
別窓 | こどものことば | top↑
どっち派?バトン
2010-04-03 Sat 23:33
こんばんは。何となく、バトンをやってみました(笑)
強制バトンとかではないので、宜しければ見ていって下さい!
★ どっち派?バトンの続きを読む
別窓 | バトン | top↑
2010年度初め
2010-04-01 Thu 10:00
みなさんこんにちは。雫です。
受験が終わってからもあまり更新ができなかったので、
ちょっと申し訳ないなぁって思います。

年度がかわっちゃいましたね。
今年度もどうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

寒かったり暖かかったり。変な天気が続いてますね。
皆さん体に気を付けて下さいね。

さて今日は日記&お知らせです。
続きから書きますので、宜しければ見て下さい!

★ 2010年度初めの続きを読む
別窓 | 雫のぼやき。(日記が主です) | top↑
| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。