この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
past...but jump now
2011-11-29 Tue 13:31
何も…できないことを
歯がゆく思った
何事も静かに見ていることに
ふつふつ沸くものを感じた

伝える手段を欲しいと思った

感情確認のため
自らの生存確認のため

あのときでしょ?きっと。
一番つらかったの。

今は違うよ 手段見つけているよ
誰をも傷つけたくないから模索したんでしょう?

静かに見つめていよう
のんびり日が送れるように
踏ん張っていこう

最後の最後で素敵なジャンプにしたいもの















































今日のあとがきはちょっと暗めです(>_<)
詩愛読者←の方は回れ右して下さい。

なんだか色んな歯車がかち合っていると、
視野が狭くなってしまいますよね。

たくさんのことを受け入れようとは思うけれど、
入れたいと思うけれど、
自分の小ささ(背じゃない(笑))とアイデンティティがかち合ってしまうと
見えていたものも見えなくなったりしますよね。

ひとつじゃないから
ひとつひとつの歯車を見つめていたいのに
時間が許してくれなかったり

……とかいって何だか哲学してます私(笑)

コメントも拍手もとても嬉しいです!ありがとうございます。

ですが、こんな哲学のせいで←
ちょっと今は心の格闘期間で
返信などなどにもう少し時間が掛かってしまいそうです。

たぶんKOなんてできたら解決するのでしょうけど、
その体力をつけるには大きなジャンプが必要みたいです。
でもKOしたいのかな…何だろ。
でもジャンプのパワー欲しいな。

今自分の中の大きなふたつのパワーのエネルギーが少々ダウンしていて、
そのジャンプにはまだ手が届かない…そんな感じです。

いつか戻したいので
日々を大切に過ごしつつ
そこまでのんびり頑張っていきたいです。

そんな訳で哲学の詩(だといいな(笑))が増えるかもですが、
こんな雫とここの詩をどうぞあたたかく見守ってやって下さいね。
詩を見て下さるみなさん本当にありがとうございます(*^o^*)

ではまた('-^*)/
スポンサーサイト
別窓 | 小さな呟き | コメント:0 | top↑
空に心溶け込んで
2011-11-28 Mon 13:00
たとえばね、
大きな大きなこの空が
七色の色に順々に変わっていくとするでしょ

赤 橙 黄 緑 青 藍 紫
よね?

そのときに心も同じ色になりたいの

夕陽のようなどこかさみしいけど強い心

昼間のような穏やかに前向きな気持ち

一寸の影もないキラキラ輝く私

森の中で足を投げ出して眺める
木々や草の静けさに不思議と合う心

泉の水面(みなも)を見つめ
草から零れる一雫の姿と響きに打たれる心

闇に包まれたこのお空
キラッキラッとところどころで瞬いてる星も忘れない強い気持ち

様々混ざり合って
とっても素敵な時にしか現れない紫色の空
何かを超えたときにきっと初めて現れる…
そう目標であり憧れなの。

そんな色の空や自然たちに心を預けるような
幸せな気持ちで満たしたまま進んでいきたいな
別窓 | 心の詩 | コメント:0 | top↑
鳩と夕陽と
2011-11-23 Wed 16:19
優しい気持ちをそっと空へ放った
その姿はまるで白い鳩

水平線まですべてが優しく見える気がした

夕陽が映え、その雄大さに心まかせる

この情景を忘れたくないと思った
いつまでも心で抱きしめていたかった
別窓 | 小さな呟き | コメント:2 | top↑
snake-triangle-
2011-11-16 Wed 08:46
※内容が暗めなので、ご注意下さいm(_ _)m










snakeが暗闇から顔を出し
そのすきまをこじあける

そして暗闇をむちゃくちゃに引き裂いた
残りの者たちは息を潜めて様子をうかがっている
勇気のある者たちはそなただけか
そのそなたは大きなけがを負った

仕方ない ここはいったん引き下がる
何も何ともないと信じていたいんだ
でもなぜ引き下がりたいのだろう
引き裂いたわけも引き下がったわけも知りたいよ

-いずれまたここで戸を叩こうか
周りの景色など
優しさなど
それで解決できるなら一番先に頼っただろう-

トラップとループに挟まれて
もう少しで己が溶けてしまいそう
いっそそれを希望していようか

今は立ち止まることさえも叶うだろうか
頼れるものは己だけなど聞いたのはいつだっただろう
暖かい眼でいつまでも見ていたかった

さまざまなものが散らばる部屋で
涙とともに…散る

その切ない気持ちが自分にお似合いか

抱えきれない疑問を
そこへ置き去りにしたかった
別窓 | 悲しみの詩… | コメント:0 | top↑
mysterious-flower-
2011-11-12 Sat 15:10
花を見てると
自分が小さく感じるから
心にきゅんと来る切なさを感じるから

ふしぎ。

いつもはもうちょっと勇ましく過ごしてるはずなのに
素直な安らぎで心満たされる

ふしぎ。

花のどこを見ていても
無駄がなくて美しい

女の子の笑顔のように
キラキラかわる角度やひかり

いつまでも見つめていたい

そうっと視線だけで

近くの花々を

抱きしめる
別窓 | 詩、ポエム | コメント:0 | top↑
ルーズリーフ→ノートへ
2011-11-05 Sat 23:42
ルーズリーフのような

どんな手でも
どんなペンでも
抱きしめてさまざまなノートに
彩られていくように

大きな気持ちでとらえて
世界を見つめられて描けたらいいな
別窓 | 小さな呟き | コメント:0 | top↑
| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。