この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
sea
2012-01-12 Thu 09:43
急に名の分からない暗い海に投げ出された私は
泳ぐこともできずただもがいてた
息は確かに苦しくて
だんだん自分の身に海水が蝕んでいくのを感じるしかなかった
何が私に襲いかかったのか、知れずに…

そんな我が身を覆ったは
悲しみで
ため息と涙が海に溶けていった

花のきれいさを
世界の美しさを
心在ることへの感謝を

全て浜に置いてきてしまっていた

ただひとつ与えられたは
時間(とき)のhug

彼のhugは私に
時の動きの感じ方をかえさせた
暖かかった?変わらなかった?

…抱きしめられただけのはず
それだけのはず

でもその間から…隙間から見えた景色は
切なさの中の…陽があちこちに反射した景色

時間(とき)に抱きしめられていたから
すぐには気づけなくて

自分の身と相手の身とを
ただげんこつで叩き続けてた
-それはいつの間にか次への扉を叩いていたんだね

answerは降ってこない
tell me... why... then...

蝕んでいた海水は
ひとしきり私を覆い尽くしたあと
そうしてやっとあきらめたかのように
-私のそばを離れようとした

開放感に胸踊る
「まだよ まだ先さ」
その声を無視していたかった

あのときの海は
私を開放へは導いていなかった

何を頼りにしようか
「頼れる者はおのれだけ」?

誰も確信は持っていない
私だけが持てるはずもなかった
tell... me... why...then...

past past now future futureの繰り返しの中で
何かに出会って行けるかな

fail fail fail......successの中で
ただ一度出会えることを夢見て進んでいっていいのかな

海底は見つかるかしら?
それとも浜にたどり着けるかしら?
スポンサーサイト
別窓 | 悲しみの詩… | コメント:0 | top↑
<<そろそろ。そろそろ。 | 空に心溶け込んで | The magic of parfait>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。