この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ほのお
2007-04-08 Sun 02:05
わー。日が変わっちゃいましたね。雫です。

何となく書きたくなり、今携帯投稿をしている私ですが。…何を書こうか考えず(笑)

詩を書こうかな。どうしようかな。って聞かれても困りますよね(笑)

はい、詩といきましょう!(爆)

書いたあとに気付きました。とても暗めです。はい、真夜中には読みたくないかも…(私が書いたのは真夜中なのに(笑))






 ほのお

   Shizuku.K

ある街を

穏やかに歩いていたその時

はっとした

灰色の煙で町は覆われ

火の手も上がっている

歩いてきた道をふっと

振りかえると

炎に負けた家の残骸

わあーー

怖くなり一目散に

走り始めた

目的地も定めぬまま

ただ走りつづける自分自身

何が起こっているの

さっきまで笑顔だった人たちは

どうしているのだろう

自転車に初めて乗れて喜んでいた子は?

何語かしか知らないけれど

『ママ』って呼んでた子は?

階段でランドセルを持ってグリコをしていた子たちは?

持ちきれないほどの愛で

不器用に女の子を支えていた…あの幸せそうな2人は?

旅人の私に

『お腹空いただろう?』と言って

私に大きなパンをくれたおばさんは?
  
  

…溢れる汗は流れ続け
  
走っている途中でこけたときの傷から血は

すーっと線を描き

それでも自分の思いっきりの速さで

逃げ続ける

もう炎の町は過ぎて

安全なところに着いているのに

なお走りつづける

人は私が通ると

みんなびっくりした

顔をする

走っているのに

こんな声が聞こえてしまった…

『あの町は全滅で誰も助からなかった様子だよ…』
  
  
私の頭の中で
  
  
終わることのない
  
  
人々の笑顔のスライドショー
  
  
もう二度と
  
  
頭の外で流れることのない…
  
  
私の血で染まった…
  
  
スライドショー…

スポンサーサイト
別窓 | 悲しみの詩… | コメント:0 | top↑
<<MEMO | 空に心溶け込んで | 跳び箱>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。