この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
思い出
2007-04-20 Fri 00:42
私が

初めてみんなの前で

泣いてしまったあのとき

ずっと側で肩をさすってくれてる

人たちがいた

私の近くでそっと見てくれている

人たちがいた

本当に心配してくれてた

あのひとたち自身も哀しかっただろうに

泣いていた私の側で

居てくれてた

あれはとても悲しい出来事だったから

そして私には悔しい出来事だったから

たくさん

たくさん

泣いてた…

なんでなの…?

どうして?

何度も頭に問いかけた

でもあの時間たちが

戻ってくる方法(すべ)はないから

余計に悲しかったのだった

あのときにこうしてれば…

このときにはこう言っておけば…

たくさん後悔し

もう戻ってこないときたちを

思い出しては泣いていた

だけどしばらくして

私の傍らで居てくれてた

暖かい人たちを思い出し

自分は幸せ者だなと思い

日々感謝しながら過ごしはじめた

ありがとうこの想いを。

思い出のあなたへ。

感謝しきれないほどの

暖かさを

ありがとう。

スポンサーサイト
別窓 | 悲しみの詩… | コメント:0 | top↑
<<真っ直ぐ | 空に心溶け込んで | >>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。