この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
荒れる日
2007-04-26 Thu 23:17
すみません。暗めの詩になっていますので…その点を分かって頂けるとありがたいです。

今日は記事は休ませて頂きますね。勝手で申し訳ありませんがm(_ _)m



ちょっとだけ

そうして欲しかった…

だけれど欲を出してしまった自分が

きっと愚かなのかな

きっとそう

木々は嵐に叩きつけられ

海の波も高くなり

街の音も荒くなっていく…

その中で私は

イヤホンをして

ひとり街中を歩く…

ねぇどうしてこんなに

景色が暗いの?

真っ暗だよ…

そして聞こえたのは…

木々や街の

今にも血が出そうな

助けを求める叫び…

スポンサーサイト
別窓 | 悲しみの詩… | コメント:0 | top↑
<<熱いもの | 空に心溶け込んで | 捨てたもの>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。