この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
桜の木の下で
2007-08-15 Wed 00:41
私は泣くときは決まって、ある公園の木の下だった。

嬉しいときも悲しいときも…あ。やっぱり悲しいときの方が多かったかな。そんなときはいつもその桜の木の下。

初めにそこで泣いたときは幼稚園のときで、何でもないからかいに泣いてしまったときで、そのとき木の下で泣いたら、とても安心を覚えた。

時は流れて…。そして今は春の終わり。ずいぶん来ていなかったのだけれど。

悲しくて悲しくてまたこの木の下へやってきた私。悲しすぎて泣けないほどだった。でも何となく気持ちを出したかった。だから木の下でしゃがんで地面をぼんやり見ていた。

どれくらい時が経ってからか、私はふと顔を上げた。気持ちを出したくて来たけど…何かなぁ。

桜は散ってしまっていた。桜は新しい緑色に染まっている。

そんなときに私は見つけた。一つだけ、桜の花が残っていた。

こんなことってあるのだろうか?

だけど落ちてこないかなあ…。そんなことを思って緑色の桜の木を見ていた。

ふわりと風が吹いた。

たったひとつの桜の花は風に逆らった。よし、耐えたぞ…

ぷちん。

桜の花は私の瞳の中では一瞬止まって、そして静かに落ちてきた。

私はちょっと走った。何かにとらわれたかのように、桜の花を取りたくて…。

だけどもう一度風が吹いて桜の花は流された。

桜の花は私からはだいぶ離れて着地しようとしていた。あっけなく地面に着地するはずだったが…。

1人の人が手を広げた。その人の手は桜のベッドかのように思わせた。

私はぼうっとその花と花が乗っている手を見ていた。やがて視線を上へと変えていった。

その人は優しく笑った。その人は見かけが何もかも全てが優しさで包まれているようだった。

スポンサーサイト
別窓 | 小さな物語 | コメント:4 | top↑
<<さて。 | 空に心溶け込んで | 気持ち>>
コメント
その人の手は
桜の花も人の心さえも
優しく包んでくれる。

そんな手の持ち主だと
思いました^^
2007-08-15 Wed 14:37 URL | 相原咲羅 #KefU8MD.[ 内容変更] | top↑
”私”は、”その人”の前で涙を見せることが出来たでしょう。
”その人”は、”私”の涙をずっと前から見守ってくれていたはずです。
”その人”を見た瞬間に”私”にはそれがはっきりと分かった。
そう感じました。

それは”私”が幼い頃から抱いている愛の姿に似ていたのではないでしょうか。
2007-08-15 Wed 17:51 URL | ひいろ #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは m(_ _)m
コメントありがとうございます。

優しく包んでくれる雰囲気イイなぁ。。
リアルな世界でも・・・
思いっきり涙を見せられるヒトがいたら・・・
どんなにイイだろうと思うときがある。。

もしかしたら・・・
この木と同じなのかも・・・。

新作をアップしましたよー!!
遊びに来てくださいね!!

ランクアーップのポチ!!
2007-08-16 Thu 01:00 URL | ドダドゥド #-[ 内容変更] | top↑
蕾の桜、咲きかけの桜、満開の桜、終わりの桜、葉の桜
いろんな桜が浮かんできます。
なんだか、春が待ちどうしいです。
2007-08-17 Fri 20:13 URL | さゆり #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。