FC2ブログ
この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
彼女Ⅱ
2007-11-12 Mon 23:27
こんばんは。今日は『彼女』Ⅱです。

携帯で保存しているものよりちょっと内容を増やしたり描写を入れてみたり。現代文の国語の先生ならこの作業を「推敲」と呼ぶのではないかなぁと思います。

あ、また続きよりお楽しみ下さい。

だけどその前にちょっと気分転換、なんてね(笑)ちょっと日記を書こうかな。今日は午前授業でした。実は今週ずっとそうなんですよ。三者面談があるんです。親、生徒、あと担任の先生。

私は金曜日なんですけどね。待ち時間が4時間あるんですよ。何していようかなぁ…。本当に困ってます(汗)

私、家から学校まで片道1時間とちょっとかかるんですけど…学校から家に帰ってまた行くのはちょっと勘弁です。

なにしろ学校の最寄り駅から学校まで1kmあるんです(徒歩です)

うーん…。ま、いっか。何かしてますよきっと(笑)1人の時間は嫌いじゃないですし。たぶん学校の食堂行きかな。そこしかいるところがないです…(汗)


今日友達と色々語りながら帰って参りました。なかなか楽しい時間でした。今の学生だとちょっと珍しがりそうなテーマかもしれませんが、とても充実感を覚えました。


ではでは続きよりお楽しみ下さいね。
















…今MDの曲は一番盛り上がる、サビの部分に入った。

このMDは当時彼に貸してもらったCDを録音したものだ。

そしてこの曲は何度も聞いたな。

さまざまな気持ちが彼女の中で溢れるとき…何回も何回も聞いた。歌詞が綺麗だから。そして彼が好きな曲だったから。

『何も分からなくたっていい 君が君で居てくれるように 僕がそっと包み込もう どんな顔も好きだけど 大切な君の笑顔を抱きしめたい…』

何度泣いただろうか。ギターの音が最も激しい部分だ。彼女は切ない歌詞と激しいこのメロディ…ミスマッチと言うことはなく、それどころか気持ちがずんずん伝わってくる。初めはそんなちょっとしたきっかけだったのだけど、このアーティストも好きになった。

彼女はひたすら自転車をこぐ。

頭が…痛い。


だけどまた回想に戻る。
あの頃は何も知らなかった。そうなのだ。あの頃は…

その後彼女にとって新しいことが多すぎた。

だけど最近何もやりたくないのはなぜ?
また考えていく。

だけど。

原因は限られているんだ。

それは彼女にとって分かりきったことだった。
何度自問自答したことだろう。

悲しいくらいに今は何もやる気が起きない。
あれ?とは思うけど、どうすればいいか分からない。
何だか虚しい。

昨日ある友人に言ったら…何故かその友人に対して怒りを覚えてしまった。

その友人の言い方からしてきっとこの気持ちは分からないと思う。私も言い方は悪いのだけれど。

同情がほしい訳じゃなかった。解決の仕方を聞きたかった。

だけど同時に解決の仕方なんて人に聞いてもダメなんだってぼんやり思っていたのだった。

彼女はこぎながらずっと考えていた。彼女は自転車で土手を走っている。さっきまで黄色かった陽はいつの間にかオレンジ色になり始め、川の水面(みなも)を紅く染めていた。

さて…どこだろう?

そんなことを思った直後のことだった。









スポンサーサイト



別窓 | 彼女(小さなものがたり) | コメント:0 | top↑
<<秋雨 | 空に心溶け込んで | Forest>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード