この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
秋雨
2007-11-12 Mon 23:36
雨が道路を叩きつけ

人は屋根を求めて

小走りで去ってゆく

私もそうしようと思ったのに


いつしか足は動かなくなり

雨の中で立ち尽くす

髪に雫が垂れていき

服は体にまとわりついて

頭の何処かでこの現状を把握していても

何もしていないのが現状






足が動き出したけれど

ゆっくり歩くことしかできなくて

また雨が体に沿って流れていく






誰も気づかないだろう

今ここで涙を流していても

叫んでいても

















ちょっと悲しみの詩が多いですね。ま、いっか(ぇ

この話ちょっとほんとが入ってます。あ、いや、昨日雨に濡らされただけですけど。そこからたくさんの何かを入れてみました。

スポンサーサイト
別窓 | 悲しみの詩… | コメント:2 | top↑
<<世界のまわりを | 空に心溶け込んで | 彼女Ⅱ>>
コメント
降る雨に濡れて
体はこんなにも凍えているのに
温かいのは なぜ

空は遠くなるばかり
近づくのは寒さだけ

それなのに
感じるのは温かさ

それはあなたがいるからでしょう
私の鼓動が打つからでしょう

冷たい雨に濡れながら
感じるのはあなた
2007-11-13 Tue 22:29 URL | 十萌 #-[ 内容変更] | top↑
★ 十萌さんへ
あなたの存在の大きさを知って

暖かさを知って

ようやく私は安心を覚えました

あなたは知っているでしょうか

あなたの囁きが

春の野原のような柔らかさを持つことを

あなたの視線の先にあるもの全てが

きらきらと光を放つように見えるということを

だから自分が寒さで凍えていても

暖かさを感じられるのでしょう…
2007-11-21 Wed 22:56 URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。