この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
景色の中に
2008-01-27 Sun 21:55
すみません…。あまり見ないことをお勧めします。
こんな詩を書いてしまったのちに申し訳なく思いました。ごめんなさい。

みなさまに。このブログに。すみません。コメント欄もそういった意味でこの記事には受け付けておりません。ご了承下さい。この記事のみですので他の所は構いません。寧ろして頂けたら感謝ですー(笑)


また体調が戻ったらまた前向きに書いていきたいと思います。




















小さな小さなことだけを願ったけれど

どうしてもそれも大きかったみたいだった

わがままだったんだ

欲張りだったんだ

大きさの基準というのを間違えてしまったみたい

今頭の中の景色が真っ赤に染まっていくけれど

そんなことはどうでも良かったことだった



外の景色が雪で真っ白のままにいることを切に願ったから

さまざまな景色がそのままであることを心から想ったから

綺麗な景色がきれいであることを祈っていたから




そんな想いは空を切っていただけで

鳥にさえ滑稽に見えたのかもしれない

たぶんそうだったのかもしれない

烏や鳩が寒い空にするどい音を飛ばした

音が空にこだましていく


だけどその鳥でさえも

今はなぜか頭の中に入っていくたび

真っ赤に染まる


きっと今、その鳥より自分が小さいことを

気づいたばかりだったから



絡みついてくる蔓も

もうそのままで良かった

きっと私はこの蔓よりも小さかったから



真っ赤な景色はそのままかもしれないけれど

それで良かったんだ

暖かい笑顔に出会うことの方が

私には一番の幸せだったから



そろそろ眩しすぎる感じがするかな。

赤いって意外に眼に痛いんだ

そして何かを八つ裂きにしていくようだった


また赤くない景色を見たいな。



スポンサーサイト
別窓 | 悲しみの詩… | top↑
| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。