この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
空、街、景色
2008-02-15 Fri 21:54
木々の間を抜けて

川を飛び越え

街を駆け抜けた

広がるのは大きな草原


くるくる回って

走って

飛んで


何か空っぽさを感じていても

空と緑が

心に広がってゆく


きれいだった

風がメロディをうたってた

輝いていた


少し強めの風に吹かれ

後ろを振り返った

さまざまな色が

空気を混乱させているようだった


あの中を自分は歩いてきたんだ


だから今

少し澄んだ空を見ることができるのかな



スポンサーサイト
別窓 | 詩、ポエム | コメント:2 | top↑
<<ちょっぴり遅い… | 空に心溶け込んで | memo>>
コメント
詩を読んでいる最中、たくさんの情景が頭をたくさんよぎっていきました。
後ろを振り返ったそのとき、自分が多くの事を横切って言った事に気がついて。
今自分の居るところがあるんだなって。
そう感じる事の出来る綺麗な詩ですね(⊃∀`* )
2008-02-16 Sat 21:20 URL | ゆあ #-[ 内容変更] | top↑
★ ゆあさんへ
コメントありがとうございました。返事が遅くなってしまって申し訳ないです…。
そうですね。あのとき辛かったけれど…なんて空を見上げながらにっこり出来たらいいですよね。。
辛いこと、苦しいこと無しに生きていく人はいないですから、それらのことがどうなっていくのかは自分次第、ですよね。

温かいメッセージありがとうございました。。
2008-02-23 Sat 21:16 URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。