この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
桜の木の下で
2008-04-19 Sat 00:53
桜の木の下に座って
ひたすら時が流れるのを感じて…
そうしてどれくらい時が流れたのかな

幹を見上げる
ひとつひとつの筋が
紅い太陽に反射した気がした

両手の指を
互い違いに合わせて
ひとつのげんこつの形になった

そして目を閉じて胸の前に据えて考えた

ね…
もしこの世界に神という存在があるとするならば
神は人に長所と短所を与えたんだろうか
それとも
長所をくれたのに
人が自身を短所にしてしまっているんだろうか

私に与えてくれた長所を
自分が短所にしてしまっているのなら…

ね…
人と人がぶつかるのは
相手を勘違いしているからなのかな
一方的に攻める人がいるからかな
わざと角を作ろうとする人がいるからかな

ね…
優しさを思って誰かにやろうとしたことって優しいのかな
その誰かに優しくは非ずであったとしても
真実では優しい、なのかな

ね…
あなたは美しく咲き乱れ
花の重みで枝が垂れ下がる様子は
人を包もうとしているようにも見えるの

あなたのような大きな心で人と接することができたら…

スポンサーサイト
別窓 | 心の詩 | コメント:2 | top↑
<<こんぶ | 空に心溶け込んで | ずっと>>
コメント
短所と長所・・・と云うのは、紙一重の存在ですよね。
喧嘩が強いことは怖いですけど、逆に考えると、誰かのピンチを救うことが出来るってことですからね。

人は、自分を過小評価しすぎなんですよ。
人間ほど凄い生き物を俺は知りません。
ですから、誇ってもいいと思うんですよね。
自分の長所を短所として考えなくてもいいと思うんですよね。
2008-04-20 Sun 18:38 URL | 蒼穹 #-[ 内容変更] | top↑
★ 蒼穹さんへ
コメントありがとうございました。

自分にとって短所と思っていることが他の人から見れば長所、ということや逆も起こったりしますよね。
あ、確かに…だからか喧嘩に強い人は味方にしたいなって思います(笑)

逆に他の人に対してもそうなんでしょうね。あの人はこういう部分がある…とマイナスのイメージでまとめてしまうよりも良いところを見てその人と接するのがいいと思います。また短所を長所として見るのもいいかなと。

何だか分かりにくい返事になってしまいましたが…すみません。。。

2008-04-21 Mon 00:00 URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。