この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ひとりごと、memoのせて
2008-05-06 Tue 01:17
真っ暗な土の中
1人、放り出された

何も見えず
私がどんなに喚いたところで
土が音を吸い込むだけ

今度は腕組みして思い出す

陽の下に立っていたとき
自分、何してたっけ…

手を広げようとしてたんじゃなかったっけ

夜の月のか細い光を
手の中に求めようとしていたんじゃなかったっけ

これは今できないな…

うーん、
何してたっけ

歌を歌って自分に勇気を少し与えて
動こうと…してたよね
動けなかったら止まってさ

誰かの言葉を頭の中に入れ続けたよね
自分というものにくじけそうになるたび
ありがたいなって感謝してさ

どうしても動きたくないときは泣いたよね
1人でずっと気が済むまで
次の日なんて気にせずでさ



そうだよ
場所が変わったって


やること同じ、なんだよね




歌を歌ってみようかな
どうしようも行かなくなったら…
泣いてみようかな




スポンサーサイト
別窓 | 心の詩 | コメント:0 | top↑
<<暖かい光の中で | 空に心溶け込んで | ミット>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。