この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
彦星の想い、空に託して…。
2008-07-06 Sun 22:22
やっと、逢えるんだ
あの橋の上で
大切な織り姫、
そう、君に

僕は君と出逢えて
本当に嬉しかったのだけれど
だから君の傍に居たいばっかりに
仕事も何もかもしなかったから
ついに怒られてしまったんだったね
君は決して悪くないのに…
僕がもっとしっかりしていれば…
僕があのとき、君を守っていたら…

君にずっと悲しい想い、させっぱなしだね
ごめんね…

僕がいくら寂しいって思ったとしても
自業自得だからいいんだ
でも君は違う
もっといい奴のことを想っていたのなら
毎日逢うことだって出来たはずなのに
君はのんびり
でもずっと僕の横に居てくれて

だから一年に一度だけ
君に逢うときいつも
ごめんねって言うんだよ

君はいつも不思議そうな目をしたあとに
『大丈夫』って言ってくれるけれど
たぶん本当の意味は知らないんじゃないかな

優しい君と逢えるのは…
一年にたった一度だけ
でも、だからこそ
逢えるときが嬉しいんだよ

今年は…君に言う言葉、
変えてみようかな
『ありがとう』
と。

君はどんな顔をするだろう…?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明日は七夕ですね。この詩を書いてて、彦星の胸の辛さにこちらも悲しくなりました…(>_<)
しかし…現実には中学以降、この日はだいたいテスト期間中…(泣)今回は明日から試験が4日間待ってます。

もしできたら明日織り姫の詩も書きたいですが…どうでしょうかっていう感じです(何なんだ…(汗))

皆さんの、大切な人への幾千もの想いが天の川をつたって届きますように…。ずっとずっと。

スポンサーサイト
別窓 | 恋の詩… | コメント:0 | top↑
<<織姫から… | 空に心溶け込んで | >>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。