この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
people and people(人そして人)
2008-08-07 Thu 21:42
人々は望んではいなかった
家族がばらばらになることなんて
人が人を
身近な人までもを
敵味方にして戦うことを
だけど遠くの人のことを考えた
何処かで必死に手足を動かして
「平和」を信じている、人のために
みんな立ち上がり始めた

どれだけたくさんの人が
大切な人を失ったことだろう
どれだけたくさんの人が
この地に今眠っているのだろう

…どれだけの人が心や体が傷ついても
それでも生きなくてはならない、
定めを持っているのだろう

今は平和のはずなのに
人が人へ立ち向かわなくていいはずなのに
どうして孤独に耐えきれず
人全てを敵に回そうとする人が居るんだろう


お願い、気がついて。
そして知って。

六十数年前に
望まない戦争をしてまでも
自分の国を守ろうとした人たちが、
正義が変わってしまってまで
戦った人たちが居ることを

今ここに私たちがあるのは
その時代もそしてその前も
苦しみながらだって何だって
力を合わせて生きてきた人たちが居ることを



だから、今独りと感じているのなら
どうか…そうでないことをがむしゃらでもいい、信じて…

独りで生きていける人なんていないの
孤独を感じることが悪いんじゃない
ただ、その感情に耐えられず
全てを敵に回してはいけないってことなの

きっとあなたの言葉を聞いてくれる人がいるよ、
なんて、安い言葉を掛けちゃいけないのかもしれない

でもね、それでも、その一つだけは…信じて欲しいの
独りじゃないっていうことを












ちょっと長めの持論を書いてしまったので、
偏見的なものが苦手な方は見ないことをオススメします。
ごめんなさい。。ここから先を見て下さる方でも、
もし気を悪くされたらすみません…という感じです。
戦争や今の日本について書かせて頂きました。

ちなみに、長くて読みにくいなぁと思ったので、
少し一行の字数を減らしてみました。。



8月は日本が戦争をやった過去について、あちこちのテレビで報道されたり、
ニュースを見たりします。戦争と今をテーマに、この詩を作成しました。

当時、望まずに戦争をやらなくてはいけなかった人たちがたくさんいます。
家族や友人を亡くして傷ついた人だって少なくないはずです。

なのに…最近やっているものでは、犯人とまったく関係ない人を殺める、
そんなニュースが多々あります。そのたびに聞いて悲しくなります。
あと…同世代の人たちが起こしたものも。
同世代の人の事件は、本当に悲しいです。
今本当に悩んでても、あとで分かるときがくるんだよって、
そう言ってしまいたくなるときがあります。

何でだろう…昔と今では人との繋がりが薄くなってきたと言われます。
そして、それが人をどんどん孤独感に陥れていて。
周りの人は気付かない…いや、気付けないという事態なのでしょう。
だけど、だからと言って関係ない人を殺したりして犯人の気持ちが
すっきりするわけでも、当人の問題が解決するわけでもないんです。
それなのになぜなんだろう…。


私は、社会のニュースを見るたび、思います。
「この人がこの犯罪を犯す前に、何か別のものに出会っていれば
止められたんじゃないか。」
とか「何か辛いことがどんどん大きくなってしまったんだろうか。」
全ての犯人を守りたいとかそうは思いません。
やったことには間違いないのですから、そのことに関してはちゃんと
償うべき義務を持っています。

でも、極論ですけど赤ちゃんが人を殺すことはありません。
力がないからでしょうか。いえ、例え7歳くらいの子が包丁を持つことが
できる状況であったとしても、殺そうとは考えないと思います。
だから環境によって、なんだと思うんです。

でも、犯人の経歴や育ちはテレビやその他の報道機関では、興味だけ、
テーマ性で取り上げられたりで見ていて腹立たしいです。
同級生にどんな人だったかを聞いたり、すごい経歴を持っている人だと
どこの学校の出身か、とか…。

もちろんですけど、そういう報道する人が犯人のことをよく知っているはずが
ありません。だから断片的になるのはしょうがないとは、思うんですけど…
ときどき見ているとあまりにも甚だしいときがあります。
だから私は断片的、とかじゃなくて全体で捉えられる人になりたいなって、
そう思います。また、一生、そんな人に向かって精進していきたいです。


久しぶりに語っちゃいました。
ここら辺は語ると止まらないんですよね(何か…変わってるなぁ)



では失礼します。暑いですが、皆さん体調に気を付けて下さいね☆
(ぶっちゃけ、自分も、何ですけど(笑))
スポンサーサイト
別窓 | 心の詩 | コメント:0 | top↑
<<北京オリンピック! | 空に心溶け込んで | truth>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。