この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2008-08-19 Tue 18:45
☆後書きはこの詩の感想です。
先にこの詩を読んで下さいね♪



道端で小さく在る花になって
あなたを眺めていたい

小さかったらあなたが私を知ることもなく
そしてそのことを知っている私は
ただ諦められる日が来るのを待つだけなのに

でも、そうなのかな
もし小さな花になっている私が
ある人を想うのならきっと
知って欲しいと思うんじゃない?

だけど花でありたいな
だって…もしそうなら
あなたを傷つけたりすることなく
何もあなたが知ることなく
私が去っていくだけだもの

だけどね、自分で去る前に
一度…虹が見たい

あの綺麗な景色を目に焼き付けて
そして永遠(とわ)に…











こんばんは。この詩を書いて思ったこと…。恋の詩を書くのも技術がいるなぁ、と。そして新たに、色も使ってみました。これくらいの薄いピンク色は好きです。
また、思ったのが…何だか人魚姫みたいだな、と。人魚姫は海にいるのに人間の男の人に恋をして…そこから始まる話ですよね。
この詩の背景…うーん、そうですね。この花の咲いている位置は、道路の脇の白いガードレールの下、といった感じでしょうか。

虹が見たい、そして永遠に…。こんな可愛い人になってみたいな、なんて(笑)
さて、冗談は置いておいて何だか恋の詩を書きたい気分だったので書いてみました。もっと詩を極めていって大人な恋の詩にも挑戦してみたいと思ってます(、とまとめ(笑))

また話は飛びますが、明日から学校です。もうちょっと委員会とかもやっておかないとみんなにやってもらえないですね…。引き続きやってきます!

では失礼します。

スポンサーサイト
別窓 | 恋の詩… | コメント:0 | top↑
<<花びらの舞 | 空に心溶け込んで | 数学…>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。