この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
闇空(やみそら)のカラス
2008-09-27 Sat 21:57
僕自身は真っ黒だから
昼間は嫌がられるし
例え夜、かっこよく飛んでいたって
誰にだって分かりやしない

下に街の夜景を見ながらいつも思う
僕も輝きを放てたらいいなぁ

…そんな希望を持ったって
所詮見えないんだけどね

またそう強く感じながら、
諦めてはいたけど
でも何かを伝えたくて
風も引き連れていくかのように
地の近くを飛んだ

草や花が少し揺れるのを見て
僕の跡を自身で見つめるかのような
そんな錯覚を起こさせた


でもある日…聞こえたんだよ

『あ、カラスが飛んでるよ。大きいねー』
っていう小さな女の子の声。

その後の女の子とお母さんは
『ほんとだーカラスだね』
『ねぇママ、私もカラスと飛びたい』
『そうね、空の中を飛ぶのは楽しそうね』
『あのカラスはどこに行くのかなぁ?』
『きっとお家に帰るんだよ』


暗くたって僕は確実に在るんだなって
嬉しくなりながら素直に家まで飛んだんだ

スポンサーサイト
別窓 | 詩、ポエム | top↑
| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。