この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『必死で掻き集めたんだよ』
2008-10-04 Sat 23:01
たくさんの欠片が私の前に落ちていた
私はかがんで拾い始めた

一つでも多く拾わないと
欠片(これ)が…
明日にはすべてないかもしれない
そんな気がして。


ねぇ消えないで、と空へ言った

何故だかは分からないのに
ものすごく悲しい感じがして
言いたくなっていたの

空はどうしたの?なんて尋ねない
だからこそ何でも願いを吸い込んでもらうんだ

たとえ叶わないとしてもかまわないみたい
ただ、言いたくて 聞いてもらいたくて。



でも…叶ってくれたら、いいんだけどね。





Lizz 持田さよさんよりお題を借りさせて頂きました。いつもありがとうございますm(_ _)m



スポンサーサイト
別窓 | お題から | コメント:4 | top↑
<<ふと思うと | 空に心溶け込んで | しらべ-ブログ2周年を迎えて->>
コメント
★ お邪魔します
こちらでははじめましてー、持田です。
こないだ更新したばっかりのお題が使われていてびっくりしました笑
「ふーん、必死で掻き集めたんだよ、だって。
……あれ?なんか聞いたことあるなー」みたいな。(・∀・)←
思い描いていた切羽詰まった感と切なさが感じられてうれしいです。
いつも使っていただいてありがとうございます**
とっても使いづらいでしょうに!(-Д-;)
また何か気になるものがありましたらご自由にお持ち帰りくださいませ~。
それでは、突然の訪問失礼いたしました。
2008-10-05 Sun 10:37 URL | 持田 #Xa0.Kibk[ 内容変更] | top↑
大事なもんって、持っているときには気付かないんですよね。
失くして、壊して初めて、「嗚呼、本当に無くなったんだ」って気付くもんです。

だから、今のうちに拾えるものは拾っておきたいですよね。
何気ないものだからこそ、大事にしたいですよね。
2008-10-05 Sun 11:19 URL | 蒼穹 #-[ 内容変更] | top↑
★ 持田さんへ
初めまして持田さん!!あー来てくれてるんですね。嬉しいです(*^_^*)

こちらこそいつも使わせて頂いてます。なんというか詩の形が決まらないときとか、テーマが決まらないときにすっと、そういう言葉があるだけで作りやすさが変わるんですよねー。詩って突発的なところがあるので。

持田さんのお題は使いやすいですよ。その1行だけでも使えたりするところとか特に。

またこれからも使わせて頂きますね。こちらへの訪問そして書き込み、ありがとうございましたー。
2008-10-05 Sun 20:06 URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
★ 蒼穹さんへ
こんばんは。コメントありがとうございました。

>大事なもんって、持っているときには気付かないんですよね。
>失くして、壊して初めて、「嗚呼、本当に無くなったんだ」って気付くもんです。

そういうものなのかもしれないですね。
大事すぎて、いや根本的に在るために普段は気付かない。仮定して考えたときでさえも。

でも何かあってなくしたときにそのものへの感謝が芽生えたり…するのかもしれません。

>だから、今のうちに拾えるものは拾っておきたいですよね。
>何気ないものだからこそ、大事にしたいですよね。

本当にその通りです。大事だけど目立たない…だからこそですよね。
色々と蒼穹さんのコメントから考えさせられましたー。ありがとうございました!!
2008-10-05 Sun 20:12 URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。