この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ピアノを弾く者
2008-11-03 Mon 14:28
自分の、少しがたがたの両手を
白と黒の交互に於かれる地面の上に置けば
時の寄って切なく
別の時には優しい音が零れ…

拙いと思っている自分の言葉でさえ 想いでさえ
見事な一曲を仕上げてくれる

だから手に渾身の力
…いえ心を全て
この地面に打ちつけるの

半音、一音 そして一オクターブと
私の手は曲によって動かされ
いつの間にか体も合わせている

静けさの中を、
私の音が破っているらしいね

それはちょうど
自分という境界の中に
何か他の人やものと出会っていくことと
同じであるのかもしれない

踊りや言葉に
私の想いは乗せられないけれど
今の、この両手になら
何よりも強く表すことができる


この手よ メロディよ
私の淡い、色がない思い、考えに
どうぞ色を添えてくれ

モノトーンのあなたに
自らが色を付けてもらえる幸せを
噛みしめて捧げる…











こんにちは。よく考えてみると、詩や小説を書く人も音楽に打ち込む人も…何かに自分を注ぐって言うことはきっと自分の想いをそのものに出すことが出来るってことなんでしょうね。

あ、ちなみにこういう詩を書いておきながら…なんですけど、私まったくと言っていいほどピアノが弾けません、はい。弾けるようになりたいんですけどね。。

でも、友人やピアノのプロの人が弾いているのを見るとすっごく気持ちよさそうに、また形にならない何かへ思いを寄せているような気がするんですよね。そんなことを言葉に乗せてみました。

昨日は大学に行って、また自分が影響を受けた…というよりも決意を新たにすることが出来ました。
では失礼します。




スポンサーサイト
別窓 | 詩、ポエム | top↑
| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。