この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
永遠-ときのながれ-
2008-12-02 Tue 20:40
永遠に…とたくさんの人が願うけれど
なかなか続けることが難しいんだよね

だから祈るわけだけど。

でも…
自分で出来る範囲でせいいっぱいの期間、
続くことが出来たのなら
それは自分にとって、
もしくは誰かにとってはきっと
『永遠』となり得るものなんだろうね

そんな風に、時の流れを優しく見ていたいな

目の前の壁に苦しんだりしたって
時がいくらかすぎたのちにもう一度触れたとき
「あ、あのときの『永遠』だったんだね
あのときに居た自分にとってのせいいっぱいの永遠だったよ
そうして今ここに自分がいるんだね」
ってそう思いたいんだ

みんなの『永遠』がいつまでも続きますように
だれかの願いがおわっても またはじまりますように

どうか永遠に、続きますように。








こんばんは。今日、日本史の授業を受けていたとき思ったことなんですけど。
色々な法律が出てくるんですよね。そのときに、
「○○は永代に禁止する」とか「△△は永代に保障する」という言葉が出てきます。
永代…とは永遠のこと。

保障するとか禁止するって書いてはありますけど、教科書で今習っている年代は江戸です。
ある徳川の将軍が全国に出したその法律はもう使われていないわけです。
少し日本史を知っている人からすると当たり前のことではあります。
なぜなら日本が明治になるとき、幕府自体無くなってしまって、
天皇を中心とした政治+西洋の政治…という仕組みに変わったので。
もしかしたら戻した…という方が合ってるのかもしれないんですけど。

遡ると墾田永年私財法とかもそうですね。
持っている土地が永遠に自分のものになると言う法律があるんでした…。

永遠と書かれながらそれが保たれていない。
だったら永遠とかって何だろう…と考えていたら少し寂しい感じがしました。
1人1人は平穏や平和を望むのに、実際はとても難しいというのと、
感覚は似ていますね。

だけど、あれですよね。
私個人的にはやっぱり人の想いとかは続いて欲しいです。
法律とかは大衆の意見やトップの提案で変わってしまいますが、
ひとりひとりが変わるかそうでないかは本人の選び方によっても異なるものだと思うので。

両方とも難しい、ですね。

もしかしたらこののち常識とかもまったく別のものになっちゃうかもしれないんですね。
そのときでも自分の芯だけは持ち続けていたいものです。
個人個人の芯が法律や権力によって芯が折られる、というような時代にだけはなって欲しくないです。

と言う感じで考えつつ…こんな詩が出来上がりました。。
なんか語っちゃったなぁ…。


では、テスト一週間前なので…勉強頑張ってきます!!


スポンサーサイト
別窓 | 心の詩 | コメント:4 | top↑
<<your answer | 空に心溶け込んで | 灯りひとつ>>
コメント
優しい気持ちとか、そういうものが
自分の心の中で、
自分から自分が大切な人へ、
その人から別の人へ、
時代から時代へ、、、
繋がって育って、、、
そうやって本当に大切なものが
永遠に続いていくといいですよね。
2008-12-03 Wed 23:42 URL | mk #4C5bA0qg[ 内容変更] | top↑
難しい課題ですね。
確かに永久に保つことは無理です。
いかな建築物でも手入れを怠れば風化していくわけですし。
しかし、僕たちは『その事』を知っています。
墾田永年私財法だって、今僕たちは知っています。
コレは、これからも、語り継がれていくんではないでしょうか?
そう、永遠に。

まぁ、闇に葬られた歴史もあるんですけどね。
2008-12-06 Sat 21:00 URL | 蒼穹 #-[ 内容変更] | top↑
★ mkさんへ
こんばんは。コメント有り難うございました。

これから生きる者達よ
私のこの気持ちを伝えておくれ

あなたたちにしかできない

もしかしたら間違っていることかもしれない
それならそれでいいんだ

どんな人がどんな場所で生きていったかを
君たちのも含めて伝えるんだ

今私はたくさんの時をかけて伝えてきたよ
さて次は君たちの番だ
だいじょうぶ どのような形であっても分かってくれるよきっと


mkさんの言葉から詩を綴らせていただきました。。
そうですね、想いなどはずっとずっと続いていくと、また伝わっていくといいですよね。大切なものががらくたの山の中で息を絶やすことの無いことを。
私もそれを切に願っています。
2008-12-06 Sat 22:33 URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
★ 蒼穹さんへ
こんばんは。コメント有り難うございました。
続きの私のかすかなぼやきに対してコメントを下さって嬉しいです。

蒼穹さんの言うとおりですね。永久にあるものはもしかするとないかもしれません。極論に近いと思いますが100年後や200年後に地球がある保障さえないわけですからね。

私たちは確かに知っていますね。また学校で勉強してもいます。一部分ではありますけど。
それでも昔、人がいてどのような動きをしていたのか分かるだけでもきっといいんじゃないかなって思います。
もっともっと知っていきたいものですね。
2008-12-06 Sat 22:40 URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。