この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Christmas Night
2008-12-25 Thu 00:14
どこにいても寒いなぁとは
まさか外なんて、とは思うんだけれど
やっぱり外の様子を見たくて
せいいっぱい着込んで
外に出てみたの
寒くて体が震えていたけれど

外に出てきて良かったよ

街が綺麗に彩られてた
赤 青 黄色…
たくさんの色の中で
私の目に一番光るのは白。

どことなく雪に見えるからかなぁ

街もだけれど
大人の人も子どももすっごく輝いていて
みんなの笑顔もあのイルミネーションの一つみたい

だからなのかな、
…私は少し下を向いて歩くの
いくつもの光が眩しすぎたみたいだから
私自身が光でもなければ
色をつくってるわけじゃないから
…しょうがないわ、できないんだもの。

ある道で少し暗めの裏道へ曲がったの
そこで空を見上げてた

…さっきの白い光と同じ色の星が
空にたくさん在ったの

そしたら後ろからね
トントンって肩を叩かれたの
赤い服を着ていて
優しい顔のおじさんが

私に、リボンが掛けられた包みをくれたんだ
『ありがとう』って言ったら
恥ずかしかったのか、
急いで空の中をそりで帰っていったの

ちょっと見送ってから
包みを開けたらね
暖かいほわほわのマフラーと手袋
そしてね、机に乗るくらいの
小さなツリーも入っていて
『Merry Christmas!』
っていう紙がつるしてあったの

わぁって嬉しくなって
そのマフラーと手袋をつけて
手のひらでツリーを包み込んで
イルミネーションの光の中をもう一回歩いたの

『サンタさんがね、
私に光をくれたんだよ』

そう、伝えたくて。

スポンサーサイト
別窓 | 小さな物語 | top↑
| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。