この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
おもい出しすぎないくらいの
2009-03-27 Fri 00:01
あなたがもし戻ってきたら…なんて想像していない
いや、想像したくたってしないよきっと

あなたとのあの温かい空間を思い出したら
私は「今」を生きられない

今が辛すぎるとか 悲しすぎるとしても
そんなことをしたって自分が苦しいと思う以上に
あなたのこれからの幸せを願うから

…だから想像しないの

もし何かあなたに伝えられる手段があるんだとしたら
私は言いたいこととかたくさんあるよ

1日で伝えられるかしら
きっと無理よ これだけ日々色々考えているんだもの

だけど、その1日もないのは百も千も承知なの



あなたは私にとって、とても難しい存在ね

忘れられないけれど思い出し過ぎられないし
憎むこともないけれど楽しいという、
ひとつの言葉では片づけられないから

私は今までこういう時の感情整理をしたことがなかったから
今きっと大きな壁を感じているんだ
大したことじゃないんだよきっと
そう…言い聞かせているんだけどなぁ


ー涙が自分の眼の奥で沸き上がるのを感じて
私は静かに眼を閉じたー


あなたへの想いの涙は
あなたと私とが別れたときを最後に
私は流さないって決めたの

あのときあなたの前で泣いてしまったことが
すごく悪いことしてしまったなぁって思うんだ
誰かが悪いとか、そういうことじゃないから



あなたが私の中でonly oneなのに
町中やテレビのラブストーリーでの、
ありきたりな想いの声ばかりが
頭の中を轟くのはなぜ

私があなたを好きにならなかったら
こんなに時間をさくこともなかった?
あなたの存在を知らない、あの幼い私だったら
もっともっと幸せな生活を送ってた?

答えなんて自問しなくてもあるのにね
どうして考えて居るんだろう
それが一番の疑問なのかもしれない

でもこの程度なら「思い出しすぎていない」くらいなの
だからずっと思っているんだね、私は。



幼かったり わがままばかりで
人の気持ちが分からなかった私が
変わってきたのはあなたのお陰だったの

少しずつだったから自分でも気付かなかったんだけど
今ではこんなに…



この場所は…あのときはあなたと一緒にいたんだね
でも今はその時のことをあまり思い出さないんだ
「思い出しすぎない」程度にしておくために


ー泣かないって決めたんだ 泣くわけにいかないんだよー


だけどきっと
私の何かがあなたの歯車と合わなかったんだろうね
あなたはそんなことは言わなかったけれど
カツンとどこかで当たってしまって
それであなたが苦しかったときに
私はその音を聞き逃していたんだね



ちょっと思い出し過ぎたかな…
ここで一服しよう
…しなくっちゃいけないんだよ。





だけどできないよって何度思っただろう
あなたがいないと無理だって…
「思い出し過ぎない」程度って何?
自分で引いた線なのに
何度だって分からなくなる

いつでもそう思うよ
そしてこれからも…



だけどあるときふっと「今のあなた」を想ってみる

あなたは今頃元気かな
以前のいつもと同じように日々過ごしているのかな
目標は定まったかな
あなたは大きな夢を持っていたから…
その夢を持ち続けているのかな

無理していないかな
笑顔で居るのかな
ひとりで苦しんでいないかな

あのときはきっと誰よりもあなたのことを知っていたのに
今の私はただ推測しかできないの
ほら、全部疑問になってる…


ー泣いてはいないよ ただこの上ない悲しさと優しさに
私の心が…「自分」に定まれないだけー























あ、かなりネタばれの記事です今回。
詩を先に読んだ後にここから先を読んで下さい!(ぺこりっ)




Utadaの「Come back to me」など、
以前の恋人に戻ってきてほしいと願う歌を聞きながら
この詩を書いていました。何だか変ですね(笑)

勉強のせいか、詩になかなか凝ることができなくて居たので
どうしても強い想いを書きたかったんですよね。

こういう詩を書くたびに、
以前大切な人で今はそうでなくなった…という人が居ても
つまりこういう風に別れてしまったあとでも
素直に幸せを願うような人に、私自身もそうであったらいいなぁと思います。
前も書いたかもしれないんですけど。

ただ、現実難しいことも多いでしょうし。
そうじゃないから詩の中だけはなりきっているのかなぁ…。


何だか自分の考えを客観的に見ようとして失敗してますね、この後書き(笑)
まったく…

とりあえずすっきりしました。思い切り時間を掛けて書いたので。
もう1時間くらいは経ってます…実は(笑)。


明日からはまた頑張らなくちゃ。今日は少し家族で出かけてきたんですよ。
参考書も買ってきました。

そしてみなさん、とくにいつも来て下さっているみなさんは驚かれたと思います。
コメント欄を私が閉じてしまったこと。

すごく迷いました、実は。月単位の間…迷っていたんですけど。
でもコメント欄を閉じようという結論に達しました。

本当にごめんなさい。
次にいつ開けようか…まだ決めてません。
最長1年ですけど。。

テンプレートも元のものに戻しました。
この春休み、パソコンに触ることができるか分からないので。。

あともうひとつ、過去の日記の記事は一部閉じました。
ちょっとブログが軽くなるかなぁという考えからですけど。

ですけどブログの方針は今までと変わっていないので…
和んで頂ければ幸いです、本当に。


では失礼します。。。



スポンサーサイト
別窓 | 恋の詩… | top↑
| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。