この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
snowman-Christmas night-
2009-12-27 Sun 07:30
聖なるこの日に
ただ1人、少し俯きながら座っている、
ひとりの女性がいました

最近辛いことがたくさんあったようで
こんな夜でさえ
何となく考えごと…

特に何か思いつくわけでもなく
別の何かを想うわけでもなく…
 
 
でも今日は本当に素敵な日でした
この土地では珍しくホワイトクリスマス
ツリーやイルミネーションが雪に反射して
さらに優しい光を放ち

灰色のビルたちが幻想を含んだ夢の街に
赤と緑のリボンの飾り付けのミックスが
そんな光たちを包み込んで
街は輝く「プレゼント」そのものでした


街の中心部にある大きなツリーの下
女性は長い間座っていました
足下にあった、いくつかのプレゼントの箱を見て

“プレゼントか…街の中はもうこんな季節なんだ
実感がないなぁ”

そしてまたぼんやり考え事。
それでも答えは出ずに
頭の中はぐるぐる色々なことが駆け巡っていました
“こんなに考えているのに
ほとんど何も分からないんだなぁ”
 
 
ツリーの前は
少し広場になっていて
子どもたちが白い地面の上を
自由に駆け回っていました

この女性がいる所は少し、
通る人にとっては死角なのか
あまり目立つ場所ではありません

ツリーやその飾りは見ていきますが
人が座っているのはあまり見えないようです
 
 
「…お姉さん、お姉さん」
ふと気づくと
女性の目の前に4、5才の男の子が立っていました

「メリークリスマス!はい、これ」


男の子が差し出したのは
小さな手で一生懸命作った雪だるまでした
目は黒い豆
両手はマッチで
口は赤いひもでスマイルに
目が少し大きいので、なおさら愛嬌がありました
あ、少しこの男の子に似ている気もします

『この雪だるまかわいいね。ありがとう。
君が作った雪だるま、もらっていいの?』
「うん、ぼくががんばって作ったんだよ、どうぞ」


この女性が今まで過ごしてきたクリスマスの中で
いちばん鮮やかな思い出のクリスマスになりました


-街のあちこちで優しさが重なり合い
温かさの溢れる空間になりますように

地面の白に全てのものが
映えて輝き続ける夜ー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


こんばんは。皆さんお元気ですか?かなりお久しぶりです。
この前の更新は…12月5日、それはずいぶん前ですよね(笑)
私は元気に学校の講習に通ってます。
日にちの関係で今日は日曜日なのですが、学校です(泣)

さて、少し遅くなりましたが、Merry Christmas!!ですね。
この日はカップルや家族で楽しむ日でもあるけれど、
辛い人たちや苦しい人たちにもプレゼントが舞い降りる日なんじゃないかなぁ。
そんなことを思いながら詩を作りました。

私自身、辛いことはやっぱり今の時期、ないというわけではないですが、
前向きな気持ちの方がすごくあるのでこのまま頑張ります('-^*)/

そういうのもこの詩の背景かもしれないですね。。

皆さんはどんなクリスマスでしたか…?
私個人的にはホワイトクリスマスでなかったのが残念です(笑)


ブログに来て下さる方、拍手をして下さる方、本当にいつもありがとうございます。

では失礼します!!
スポンサーサイト
別窓 | 小さな物語 | top↑
| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。