この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
長月の想い
2010-09-17 Fri 22:05
何かにくっつきたくなるような
頼りない何かをそっと飲み込んで
…それでも先に進みたくて。

夏の音のこだまを耳に残しつつ
すずむし訪れる秋を想った
…あの音からすべて始まりそうなの

目をつぶったに等しい状況で
手探りで欲しいものを求めて。

 
今度は冬を求め…
さまざまな調べに揺られながら
小さくなって彷徨う

今の何かに求めるわけでなく
明日の何かに向けるわけでなく

今の核心をそっとせめた

はかなく聞こえる声
どんなに微かだって聞いていたい

秋に空を流れる細い雲のように
小さく細く…そして長く
歩いていたいの

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 










こんばんはー。お久しぶりです。
この詩…強いていうなら「テーマのない詩」です(爆)
じゃああのタイトルはっていうとさっき古文を勉強してたのでその影響っぽいです(笑)

まぁ色々ありまして(ないですけど(笑))更新どころか、詩もあまり書いてないですね、そういえば。

普通の人より若干詩人よりの雫(←)から見るとあるまじきかもしれませんが、
たぶんそういう時期を過ぎた後にまた書きたくなると思うので、その衝動を静かに待ってますー★

地味に日々元気に頑張ってますので、気にかけた方がいらっしゃったら、お伝えしときます♪
 

古文で「そろそろ中秋の名月が近い」と先生がおっしゃってました。旧暦の8月15日の満月を見ていたそうですね。現在は太陽暦なので日にちがかなりずれちゃってますが。。
朧月夜…出るといいな、楽しみです。秋のお月さまはどんな形も結構好きです。空の紺色具合が良くて秋が一番好きです。(←)
夜に散歩したいなぁ…最近お気に入りの曲があるんでその曲と一緒に…
なんて思ってみたり(*^o^*)

ではでは失礼します。
スポンサーサイト
別窓 | 小さな呟き | コメント:0 | top↑
<< | 空に心溶け込んで | between white and black>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。