この大きな空に淡く景色を描けたら…小さな心、空に捧げて。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
my voice
2011-03-04 Fri 21:46
大事なことを忘れている気がして
気のせいかしら…

いつもはこんな迷いは心の奥にしまってしまうけれど
ときどき手ですくい取って
おでこをくっつけて見ていたく…なることもある

でもそんな思いと裏腹に
床に投げつけてしまいたくなる…こともある

heartは両手いっぱい広げていて
そして右、左にぐいぐい引っぱられていて
唯一均衡を保とうとする
-voice 聞きたくない

体の中のこのドキドキはその現れかしら?
それとも怖がっているから?

…my lonlinessが何かとchangeしている頃に
どこか遠くの人が 近くの人がsmileになれるというなら
きっときっとこの天秤はそのまま在ることでしょう

…my happinessが何かとshuffleしている頃に
近くでは 遠くでは悲しみの渦が轟いているかもしれない
きっとそれでも保とうとする

『テンビンガソノママデアルノハ使命』

もしそうであるなら
静かに受け止めてみよう
自分のvoiceがまだ自身で聞けないなら
-voice 聞きたい

冬の、晴れ上がった空の下で
石が落ちたあとの水面がどう動くのかを見つめているような、

木の上に少し重いものを置いて
枝がどんな風になるのかを見つめているような、




そんな感じの心のvoice 少し気付けたのかな














こんばんは。
倉木麻衣の「わたしの、知らない、わたし。」と
宇多田ヒカルの「誰かの願いがかなうころ」から…作ってみました。
なんだろ…色々なものがコラボした感じですー。

最近CDを色々借りてきました。
再び色々な曲が聞きたいな、と思うようになってきまして。
今度また曲から綴ってみたいと思います♪


では失礼します☆


スポンサーサイト
別窓 | 悲しみの詩… | コメント:0 | top↑
<<non title | 空に心溶け込んで | 約束の場所でもう一度 バトン>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 空に心溶け込んで |

リンクサイトのみなさまです☆

「☆」マークが最初に付いているリンクの方は詩を書かれている方々です。みなさん素敵な詩、綺麗な詩を書かれているのでぜひぜひ行ってみて下さいね。きっと何らかの暖かいメッセージに出逢えるでしょう…。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。